上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
1月6,7,8日HYML恒例の三段山オフミ(off-line-meeting)に、上富良野白銀荘ベースので前十勝岳、三段山周辺でのBCスキー企画です。
吹雪はしませんでしたが、しっかりと雪が降っていて山は終日ホワイトアウト状態、しかし雪は申し分ないパフパフ粉雪でしたがいかんせん多すぎて緩斜面では「下りラッセル」深雪堪能とはいかなかったのがちょっぴり残念でしたが、取りあえず最高の乾燥粉雪を味わうことはできました。

6日、三段山の2段目途中から右の樹林帯上を回り込んで旧スキー場跡を滑る。ホワイトアウト状態で斜度が???想像より急な斜面に身体が落ちていく。バランスをとるのが精いっぱいで楽しむまでの余裕はなかったが、乾燥粉雪には満足でした。

例年通り氷点下の露天風呂はどんなにつかっていても決してのぼせることはない、雪の壁に囲まれた露天でのエンドレス(?)の仲間との談笑、至福の時間がユルリユルリと!長風呂に身体(頭?)がビールを欲しがりだしたので露天を上がり宴会モードへと、幸せタイムは消灯時間まで延々と続きました。今年の宴会はお初のメンバーや見覚えはあるけれど・・・位の人が多くて、昨年までとは大分メンバーが入れ替わっていました、気づけば自分より年長者はなんとお一人様だけになっていました、レナウンさんの“レナウンダンス”最高でした。

7日、ほぼ全員で前十勝岳カバワラ尾根に向かう。他には誰もいない真っ白な雪原を20名を超える大パーティーが一列になって進む様はなかなかの迫力だった。富良野川のスノーブリッジはいつもよりもやや上流にできていたのでは?!
カバワラ尾根に乗ると右手からの風が強く、薄手の目出帽だけの首筋が寒い、ネックウオーマーをザックから取り出すのが面倒で我慢する。さえぎる物のない白一色の広い尾根は上に行くにしたがって雪交じりの風の当たりも強くなり、初心者も交じったパーテーにはそろそろ潮時かなと思い始めた頃inoさんから撤退のコールが、シールを外して滑走モードに切り替える。

大人数で荒れたバーンが滑りにくい。深雪での転倒は体力の消耗が激しく、転ばぬようにと押さえた滑りにすぐに太ももが悲鳴を上げ始める。上級者はガンガン行くのにいつまでたっても突っ込めな~い!
クリスマスツリーだらけのタンネの森を白銀荘前まで戻る。一息入れる者、そのまま三段山に向う者、20名以上のパーティーが幾つかのグループに分かれる。

一段目を登り始めるとで後ろのinoさんから右手の旧スキー場跡に入ろうと声が掛かり、HIROさん、inoさんと右のトレースに入る。50㎝余りの深さで先行者のトレースがしっかりついている。深雪からいちいち抜き出すストックの操作で腕に疲労を覚える。トレースはいつものように途中から右の小尾根に登っている(先行者は地形に詳しいようだ?!)。なおもトレースをたどると尾根上を右に外れやがて一本右の浅い沢へと続いている。樹林を抜けたこともあって風当たりが強まり一層のホワイトアウト状態に。これ以上登ったところで滑りを楽しめそうもないし、そろそろ引き返しどころではと提案すると誰もが賛同の顔。風を避けるためにちょっと戻ってシールを外す。
尾根の途中からスキー場跡の沢筋に滑り込む、ここは短かかったが深雪を楽しめる急斜面だった。あとは緩斜面をジェットコースターで、時々出過ぎたスピードを深雪で“調整”する。アッという間に一段目の途中に戻って後は緩斜面を白銀荘に戻る。緩斜面だが登りで踏まれたトレースは雪質最高、どんどん加速しジェットコースターを楽む。白銀荘に戻ると天気が悪くて一段目で引き返したと、ほとんどのメンバーが戻っていた。
前日同様露天風呂で身体を温め、長い長い宴会へとエンドレスの幸せタイムに突入していった。

8日、この日も朝から雪が舞っていて、山は相変わらずホワイトアウト状態だろう、札幌も前夜は降雪があったようで、おとなしく帰って雪かきでもしますか・・・最後まで滑るという仲間と別れてスキー板を雪だるまの車に積み込み白銀荘を後にする。

上富良野の街に降りるといつの間にか雪は止んででいた。振り返ると十勝連峰の山並みだけが相変わらず雪雲に覆われたままでした。

(古いデジカメを持参も シャッターが下りずにモンスターの写真一枚も取れませんでした 残念!!)    【お終い】
2018.01.10 / Top↑
昨年11月,早々と手に入れた新しいスキー、試し履きができないまま1一か月以上がたち、ついには年を越してしまった。6日からは2泊で三段山に行く事になっていて、いきなり新しい板と言う訳には、まして今までとは全く構造の異なったビンディング(G3)の操作に慣れなければ・・・皆に迷惑がかかる。

ということで1月4日、なんとか昼前に家を出る。こんな時間から行くところ、しかも新しい板の試し履き・・・藻岩山しかな~いっ!
車の中でコンビニ弁当を食べてゲレンデに上がる。時間はとうに午後1時も過ぎているし、南斜面のはじっこをとにかく一度登ってみなくては。

G3のビンディングの使い勝手が難しくって、何度かやり直す、こりゃ練習しなければ・・・。何とか両板履いて・・・Oh~!なんと軽いこと軽いこと、板もビンディングもブーツも格段に軽いゾッ!!!まっ黄色のシールはあまり好きじゃないけれど、粘着面を張り合わせてもOK(剥がせる)だからというアドバイスを素直にうけてチョイス。
P1060271.jpg P1060276.jpg P1060273.jpg
新しい板は久しぶりのエラン     雪は少ないが、ほぼ全面滑れそう

三が日が過ぎ、正月休みの子供のスキースクールだけが目立つ藻岩山スキー場の南斜面の左端の端っこを登る。ブーツのバックルはしっかり留めていたが、違和感なく登れた。
観光道路をレッスン中の子供達の邪魔にならないように、200mほど登ってシールをはがす。滑りはじめで簡単にバランスを崩す、ブーツを滑りモードにし忘れていたためだった。
南斜面の雪は少なめバーンも固くて、慣れない板とブーツで慎重に滑る。
滑りモードの操作が今までとは異なるが、条件が厳しいBCでモタモタは許されない、早く操作に慣れなければ。履き心地はいいのでパフパフ雪にどれほど乗れるのか・・・楽しみだ。
2018.01.05 / Top↑
最近blogの更新がなかなかできない・・・、でも何年になるのか、せっかく続けてきたし、物忘れがだんだんと多くなってきた今日この頃だからなおさら貴重な“備忘録”、一行だけでもとにかく記録に残すように、続けていこう!!
... 続きを読む
2018.01.05 / Top↑
12月入りやっと時間ができて、4、5、6日と実家に顔を出してきた。実家にはあと1か月で95歳になる母が一人で暮らしていてる。母はさすがに体力的には衰えを否めないが、何とか一人暮らしを続けていて、まぁ~有り難いことです。

IMG_6007.jpg IMG_6009.jpg
   久しぶりの飛行機、今日のはなんか小っちゃいゾ

4日夕方実家のある八王子に着き電話を入れる。タマゴが切れているので買ってきてくれと言う、「6個入り?」「ううん、12個入り!」  (おいおい一人暮らしで多すぎないか?!)  駅ビルで購入・・・しかし・・・実家の冷蔵庫にはタマゴが4個残っていました。「あらっ、忘れてたっ、確認すりゃよかった!」

顔を見るのは正月以来11か月ぶりだったがナンにも変わっていなくて一安心。
全く顔を出されないのはちょっと寂しいようだが、長居されるのは“もっと”嫌なようで(気遣いが煩わしい)最近は2泊が限度、なので今回も押しかけ気味に2泊。  それでも家に入ると笑顔で迎えられました!(笑)

5日朝、静かだしカーテンではなく雨戸なので部屋は真っ暗、目覚めるとナント8時近くになっていた。
何か手伝うことはの問いかけには、いっぱいあるがかえって煩わしいいという。「それじゃ、お母さんが“いなくなったら”ゆっくりかたずけるから」と云うと「よろしくね!」。・・・息子だって結構な年になっちまって体力仕事はキツイわな・・・でっ、内心ホッとする。

家にごろごろしていてもと“こっち”が気遣い、墓参りに行くことにする。出かけるのがきつくなった母は、お墓にも大分ご無沙汰なので有難いといわれ、これも親孝行?喜んでもらえて嬉しいワ!

バスに乗っていくのでは脳がないのでお墓まで歩いて行くことにする。
IMG_6010.jpg
中学の時に攀じ登った弁天橋の切通(怖かった)を覗き込む

IMG_6014.jpg IMG_6016.jpg IMG_6017.jpg
     都立小宮公園を抜ける・雪の札幌から来ると、落ち葉が懐かしい

IMG_6020.jpg IMG_6024.jpg IMG_6025.jpg
  ネギ畑(イイ感じ)         中央高速を超えて     鶯鳴亭の前に出ました

IMG_6026.jpg IMG_6027.jpg IMG_6029.jpg
  みかんがなっています    国道16号線を渡って    滝山城址下バス停にやっと着く

自宅から1時間半かかりお墓到着 一応お線香と花をあげて久しぶりに手を合わせることができました。

IMG_6035.jpg
 お墓着 落葉が綺麗に清掃されていました

お墓をあとにバス停に戻ると滝山城址入口の看板が目に入り、のぞいてみることに。
子供の頃から滝山城址の名前は聞いていたが実際に訪れるのは初めて、風林火山だったか真田幸村だったか、小説に出てきたよなぁ?!(日本史は大の苦手)

IMG_6028.jpg IMG_6036.jpg IMG_6037.jpg
 この看板につられました    立派な竹林の入り口     竹林の中を登っていきます

IMG_6050.jpg IMG_6044.jpg IMG_6049.jpg
  都立滝山自然公園      丁寧な説明書き多数      堀跡が縦横に

城址内はハイキングコースになっていて複雑に曲がりくねっているわりに道標が少なくって方向感覚が狂いそうで、そのまま歩いて抜けようかとも思ったが、時計は3時近くになっていたが昼食はまだ取っていなくて、さすがに空腹感強し、水も持っていないしまさかここで遭難は無いにしても・・・今日は深追いしないでおこう!ということで城内を小一時間うろついてバス停に戻る。がっ折角だから歩けるだけ歩いて嫌ななったらバスに乗ろうと再び歩き出す。
結局道の駅八王子滝山まで歩いて向かいにある中華屋でやっと昼食にありつく。お腹が満たされてこの際実家まであるいてもどることにする。八王子インターから中央高速をまたぐ陸橋までの坂がきつかった。小宮公園を抜ける頃は薄暗くなっていて誰もいなくなった広い公園内を急ぎ足で抜ける。弁天橋からは中心街のネオンがそろそろ目立ち始めていた。

6日、タクシーを呼ぶという母を振り切って京王八王子駅まで歩く。途中20号線の大和田橋から上流を見ると、キューピー山(と呼んでいた)奥多摩の名峰大岳山が正面はるか彼方にくっきり見える。
小学校6年の時に父親に連れていかれて山登りに興味を持つきっかけとなった山だ!!

IMG_6056.jpg
真正面のとんがりが大岳山

雪かきさえも楽しいと思えたほど北海道が札幌が気に入っているが、最近は八王子も悪くないと感じるようになりました・・・。





2017.12.09 / Top↑
チッポケな庭の素人冬囲いを終えて、薄暗くなったし野鳥の餌台の設置は後日ということで準備の途中で後回しにしたら、雪が来ちゃって、おまけに寒気が居座り、設置用のU字校が氷ついて・・・気温の上がる日を待っていたが、チョット上がったくらいでは溶けなくって・・・困った。

一週間もほったらかしにしていたが本日の予想最高気温は五℃、このチャンスを逃すな・・・、だが剥がれない(汗)、仕方ないので餌台のオンコの木をテコにしたら、簡単に剥がれました(ホッ!)。
IMG_6004.jpg IMG_6005.jpg
 凍り付いてびくともしない   やっと設置できました

午後から外出するとカミさんからメールが・・・「早速ヒヨ(ひよ鳥)が偵察にきたよっ!」

どこかでちゃんと見ているんだ~
2017.11.29 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。