上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
アカゲラが時々飛んできてエゾリスが駆け回っている、春から初夏にかけては取り切れないほどの蕨の生える日当りのいい斜面もあって、秋風の吹いた翌日には袋一杯の山栗を拾うことができる森、自宅から5分ほどの距離にある住宅街に挟まれたこの森を、“四季の森”と名付けちゃいました。
IMG_5473.jpg
数日前の自分のトレースが残っていました、時々そのトレースをキタキツネの足跡が横切っています。

分譲地へと重機で削り取られることを免れた平凡な森ですが、軽いアップダウンがありトレーニングを兼ねたウオーキングにはうってつけの森、年間を通して接していると、様々な表情を見せてくれる森を今年も四季を感じながら歩いてみよう。

IMG_5476.jpg IMG_5477.jpg
落葉広葉樹の森はこの季節BCスキーを履くとどこだって歩き回れます。
2017.01.13 / Top↑
昨日、数日ぶりに裏山の散策路を歩いた。本格的降雪から時間がたっていたので、雪は足首までしか潜らず、ミズナラなどの落葉が雪の上に散らばり、木々の間からは空や周りの景色がすっかりと見通せて、我が裏山は本格的な冬よ、いつでもいらっしゃいなぁ!と待ち構えているようだった。
IMG_5310.jpg IMG_5311.jpg IMG_5309.jpg
   すっかり見通しが効くようになった明るい裏山     路を外れない狐の足跡:何故判る?

雪に覆われたトレースのない散策路は木々の刈り分けがなければどこが散策路なのかわからない状態だが、狐の足跡が散策路から外れることなく続いてた。雪が積もってしまえば散策路なんて関係ないだろうに、いつも歩いている“路”がどうしてわかるのかなぁ?匂いでもついているのだろうか?! 
路に迷ってキョロキョロしたり上空を思案気に見上げている狐って・・・確かに想像がつきませんなぁ!
2016.11.13 / Top↑
紅葉が綺麗だ!明日からいよいよ気温が下がるのだとか・・・。
今日の天気はまさに“インディアンサマー”、晩秋とは思えない穏やかな一日を滝野すずらん丘陵公園で過ごす。
IMG_5199.jpg IMG_5198.jpg
     滝野の森口「森の情報館」と案内地図

滝野の森口情報館内のエレベーターを降りると、散策路に出られます。水曜日にはネイチャーガイドによる森のガイドツアーも行われていましたが今日はパス。情報館内にはためになりそうな情報がいっぱい、案内の方もとても親切でした。

IMG_5201.jpg IMG_5227.jpg IMG_5217.jpg
         “情報”が一杯の情報館         もちろん散策路沿いにも情報が一杯

情報館を出ると散策路が縦横に伸びていて、雑木林は黄色に輝いていました。観察デッキから目の高さで観る紅葉は特別です。
IMG_5208.jpg IMG_5209.jpg IMG_5222.jpg
                紅葉?黄葉? の中の空中散歩
IMG_5206.jpg IMG_5211.jpg IMG_5215.jpg
    “観察デッキ”から目の高さの楓(かえで)           黄色のトンネル


IMG_5231.jpg IMG_5232.jpg
      こんな情報もありました

田んぼの広場には、水田が4面あって、田植えも収穫も、子供たちに体験させるそうです。10月2日に刈り取られた稲が干してありました。もう少ししたら、脱穀してみんなで食べるそうです。話を聞いていて嬉しそうな子供たちの顔が浮かんできました。
IMG_5228.jpg
最近は見かけなくなりました

自分で植えて刈り取ったご飯を子供たちに食べてもらおうと、カカシがしっかりと番兵をしていました!
2016.10.19 / Top↑
10月5日 午前中の少しだけ空いた時間に藻岩山のスキー場コースからウサギ平を往復しました。
ウサギ平はススキで埋まり秋真っ盛りといった感じでした。
IMG_5147.jpg IMG_5142.jpg IMG_5144.jpg
                    木漏れ日がイイ感じ    一面ススキで覆われたウサギ平

スキー場駐車場(発)10:36 → 11:16(着)ウサギ平(発)11:16 → 11:36(着)駐車場

自分の歩きがどんなものか、自然体で歩いてみました。以前に比べちょっとは歩けるようになったのではと率直に感じました。特に下りはバランスよく、いいリズムで下れました、たかが20分だけでしたが、昔みたいにとても気持ちよく下れました。
まぁ~、たったの1時間の往復で、イイの悪いのというほどの行程ではありませんでしたが、近場のウオーキングが少しはトレーニングになっているのではそんな気がしました。
2016.10.08 / Top↑
春から、自宅近くの雑木林の中の散策路を、そ~平均すると週3、4回位になるかな・・・歩いています。多少のアップダウンもあり、アスファルト道を歩くよりはズーットいい。散策路はちょっとだけ複雑に走っていて一筆書きの一巡り50分位はかかり、そこそこトレーニングにもなります。住宅街と住宅街に挟まれた雑木林ですが、マズ人とすれ違くことはありません。狐にはよく出くわします、エゾリスも何度かみかけました。春先一度だけクマゲラを見かけ興奮しました。クマゲラがいるのは判ったので、再会を楽しみに歩いているのですが・・・。
IMG_5113.jpg IMG_5120.jpg
  こんなにきれいな路なのに誰も歩いていません

定期的に歩いていると季節の移り変わりを実感できます。芽吹きから新緑はアッという間デス。一箇所だけ開けた日当りのいい斜面には、美味しそうな蕨が取り放題、たちまち持ちきれないほど取れました。翌日も翌々日もその次の日も、誰にも取られない蕨はますます増えて、気になりましたが、季節を味わうのは一回でいいかなぁと・・・、本当はアク抜き処理が面倒で、それに取り放題状態に“有り難さ”も半減、・・・蕨の季節って意外と長いことに気づかされました。ちょっと気温が上がると自然豊かな雑木林は虫がうるさくて、虫刺されを嫌ってシャツは長袖、頭からネットをかぶり汗をかきかきのウオーキング、それも慣れれば案外と気持ちよく感じられるものです。
IMG_5114.jpg
 美味しそうな?(それとも猛毒?) キノコの量も種類もいっぱいです

台風の余波でちょっと強い風が吹いた日の翌日、散策路にまだあおい栗が落ちているのを発見、季節が進むのを楽しみにしていたのですが、一昨日東京から帰ってきて昨日一週間ぶりに散策路を歩いたところ自然落下の栗イガが落ちていました。茂みをのぞくと栗の実を発見、当然散策を中断、次なる栗の実を求めて茂みに分け入る。初めは下草で見つけにくかったのですが、下草に隠れた茶色の実を見つけたときの嬉しさがなんとも言えずしばし栗拾いに没頭、おやつには十分の栗を拾うことができました。
IMG_5121.jpg IMG_5123.jpg
 こんな栗を拾い集めたら・・・全収穫です、ヤッタゼ!!

そろそろ落葉樹の葉が散る季節が近づいてきました。葉が落ちると林全体の見通しが良くなるはず、どんな景色になって行くのかなどと想像しながら歩いています。雪が来たらスキーで歩いてみるのも面白そう、ちょっと楽しみにしているんです。         
 
                                 【9月29日 記】
2016.09.29 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。