10月5日 午前中の少しだけ空いた時間に藻岩山のスキー場コースからウサギ平を往復しました。
ウサギ平はススキで埋まり秋真っ盛りといった感じでした。
IMG_5147.jpg IMG_5142.jpg IMG_5144.jpg
                    木漏れ日がイイ感じ    一面ススキで覆われたウサギ平

スキー場駐車場(発)10:36 → 11:16(着)ウサギ平(発)11:16 → 11:36(着)駐車場

自分の歩きがどんなものか、自然体で歩いてみました。以前に比べちょっとは歩けるようになったのではと率直に感じました。特に下りはバランスよく、いいリズムで下れました、たかが20分だけでしたが、昔みたいにとても気持ちよく下れました。
まぁ~、たったの1時間の往復で、イイの悪いのというほどの行程ではありませんでしたが、近場のウオーキングが少しはトレーニングになっているのではそんな気がしました。
2016.10.08 / Top↑
春から、自宅近くの雑木林の中の散策路を、そ~平均すると週3、4回位になるかな・・・歩いています。多少のアップダウンもあり、アスファルト道を歩くよりはズーットいい。散策路はちょっとだけ複雑に走っていて一筆書きの一巡り50分位はかかり、そこそこトレーニングにもなります。住宅街と住宅街に挟まれた雑木林ですが、マズ人とすれ違くことはありません。狐にはよく出くわします、エゾリスも何度かみかけました。春先一度だけクマゲラを見かけ興奮しました。クマゲラがいるのは判ったので、再会を楽しみに歩いているのですが・・・。
IMG_5113.jpg IMG_5120.jpg
  こんなにきれいな路なのに誰も歩いていません

定期的に歩いていると季節の移り変わりを実感できます。芽吹きから新緑はアッという間デス。一箇所だけ開けた日当りのいい斜面には、美味しそうな蕨が取り放題、たちまち持ちきれないほど取れました。翌日も翌々日もその次の日も、誰にも取られない蕨はますます増えて、気になりましたが、季節を味わうのは一回でいいかなぁと・・・、本当はアク抜き処理が面倒で、それに取り放題状態に“有り難さ”も半減、・・・蕨の季節って意外と長いことに気づかされました。ちょっと気温が上がると自然豊かな雑木林は虫がうるさくて、虫刺されを嫌ってシャツは長袖、頭からネットをかぶり汗をかきかきのウオーキング、それも慣れれば案外と気持ちよく感じられるものです。
IMG_5114.jpg
 美味しそうな?(それとも猛毒?) キノコの量も種類もいっぱいです

台風の余波でちょっと強い風が吹いた日の翌日、散策路にまだあおい栗が落ちているのを発見、季節が進むのを楽しみにしていたのですが、一昨日東京から帰ってきて昨日一週間ぶりに散策路を歩いたところ自然落下の栗イガが落ちていました。茂みをのぞくと栗の実を発見、当然散策を中断、次なる栗の実を求めて茂みに分け入る。初めは下草で見つけにくかったのですが、下草に隠れた茶色の実を見つけたときの嬉しさがなんとも言えずしばし栗拾いに没頭、おやつには十分の栗を拾うことができました。
IMG_5121.jpg IMG_5123.jpg
 こんな栗を拾い集めたら・・・全収穫です、ヤッタゼ!!

そろそろ落葉樹の葉が散る季節が近づいてきました。葉が落ちると林全体の見通しが良くなるはず、どんな景色になって行くのかなどと想像しながら歩いています。雪が来たらスキーで歩いてみるのも面白そう、ちょっと楽しみにしているんです。         
 
                                 【9月29日 記】
2016.09.29 / Top↑
年越し弾丸ツアーで元日夜遅く吹雪の帰札、2日、3日と箱根駅伝を何となく見てしまい、気付いたらもう正月休みも
終わる。昔に比べると正月もだんだんと特別の事ではなくなったいく。
家にこもっていたので、外の空気を吸いたくなり、散歩に出る。気温はそれほど低くもなく無風で青空こそ出ていなかったが、気持ちの良い散歩でした。
IMG_1005.jpg IMG_1006.jpg
芸術の森へのアプローチ橋    真駒内川の流れ

芸術の森まで歩いて15分、閉館中だが庭には自由に出入りができ、犬の散歩をする人とすれ違う。。
IMG_1008.jpg IMG_1012.jpg
 綺麗に除雪されている   人の気配に寄ってくる鴨

閉館中のためかさすがに静かな園内だが、通路はきれいに除雪されていて気持ちがいい。小さな池にはかもが住みつき、いつも餌をもらっているのか人の気配で鴨が一斉に寄ってきた。

IMG_1016.jpg IMG_1019.jpg
小鳥が多い川沿いの散歩道   市立大学の渡り廊下

芸術の森を抜けて市立芸術大学から真駒内川沿いの裏道を歩く。いつの季節も静かで散歩には気持ちの良い道だ。小鳥も多く歩いていて視界に鳥が飛ぶのが入ると足を止めて鳥を追う。犬の散歩や、ウオーキングする人も多くすれ違うと知らない人同士でも挨拶が自然にできる。
2014.01.03 / Top↑
寒々しく感じた朝だったが、外に出ると思ったより寒くない。そこで歩いて15分のところにある芸術の森に散策に行く。
P1060626.jpg P1060612.jpg P1060594.jpg

ウオーキングを兼ねて裏門から入る。クマの侵入を防ぐための通電した電線が張られていた。
途中の石垣で誰もいないことをいいことに、クライミングの練習(笑)、さすがに手が冷たい。
P1060577.jpg P1060582.jpg

園内の木々はすっかり葉を落とし、植込みは丁寧に冬囲いがされていた。職人の冬囲いは芸術の森にふさわしい出来具合。
P1060596.jpg P1060610.jpg P1060614.jpg

落ち葉もきれいに掃除されていて、池にはかもがのんびり泳いでいた。
“・・・・・、冬が来る前に もう一度・・・・めーぐり逢いた~い
紙風船の「冬が来る前に」を思わず口ずさむ(笑)!
そろそろ里にも冬が来るっか・・・明日は待ちに待った初滑りだゾ!!!
2013.11.23 / Top↑
先日、大沼公園に行ってきました。幾つもの小島が浮かび、その小島を縫うように小さな観光船が走り、和風なナカナカの雰囲気のところでした。
P1030133.jpg P1030121.jpg P1030125.jpg

太鼓橋が幾つもの小島を結んで周回の散策路になっており、1時間余り、ノンビリと散歩を楽しむことが出来ます。
紅葉には未だ未早かったのですが、木々の葉が色ずく頃に再訪したくなるそんな大沼公園でした。

P1030127.jpg P1030131.jpg P1030128.jpg

 

2010.09.24 / Top↑
まとめ