21日私のスキー師匠&miura-wall(室内壁)ではとっくに師匠(私)を追い抜いた“アルパインクライミングの弟子”marikkaさんと赤岩に行く。スキープロでありながら高所が苦手(?)のkonちゃんにも声掛けをしたけれど、仕事のために来られなかったのがチョット残念だったけれど・・・漁岳スキーでお世話になったお礼は後日に・・・。

前日ラストスキーで日帰り・狩場山に行ったmarikkaさんは本当にタフだ。だが無理しての早出は不要と余裕の赤岩峠9時半。複数山岳会の“岩入門”が行われるのは承知していたが案の定峠の駐車場は超満員で、林道の駐車スペースに何とか車を割り込ませ、人だらけの赤岩峠から西壁に向かう。トカゲの洞窟には複数のザックが置いてあり、登り終えて降りてきた若者に尋ねると、西壁には4パーティーが取りついているとか、こんな混雑初めてだ。

この日はmarikkaさんのリードの練習目的でシステムの確認などをしながらゆっくり登るつもりだったので、混雑を無視して焦ることなくゆっくりと登攀準備をする。とっ“ゴロッ”???雷ッ???木々の間から見あげた空の雲は雷雲のようには見えないが、もう一度ゴロッときて雷を確認、オヨヨ!それほど強烈ではないが、チョットづつ近づいてくる気配、そのうち稲光も・・・幸い雨は降ってこない。しばらく様子見で待機も、雷より正面ルートの足場がえぐれた取り付が気になる。いつものように石を積み上げてあるのだが高さが不足気味、背のたりないmarikkaさんは何とかもう一つ石を積み上げようと奮闘努力していると、marikkaさんの知り合いのご夫婦が登って来た。そこでみんな気になる石積みの話題でしばし話が弾む。何とかもう一つ石を積まんと努力するが、安定感にかけ、かえって危険そうで諦める(笑)。
正面ルートは3+、3、3+の斜度の緩やかな大フェースでテラスは安定、海を見下ろす風光明媚な赤岩では最も登りやすいす3ピッチのマルチ、リードの練習にはもってこいだ。

1P目は私がリード 2、3Pをmarikkaさんのリード練習で行ってみよう!
足元の大きくえぐれた壁に右足を突っ張って思い切り腕を伸ばしす。左手はガバだが、右手はクラックの中に突っ込んで・・・外れないように・・・marikkaさんの友達夫婦の視線を背中に感じながら取りつく。左足を思い切り上げてスタンスをとらえ身体が上がったところでクラックの中の右手をもう一つ上にあげ、クラックの中でガバを探り当て一安心、こりゃ背のチョイとたりないmarikkaさんにはリードは厳しいわっ1
短い1P目を終了、大きなテラスに上がると懸垂下降中のパーティーが4名いて大混雑、手前のケミカルアンカーでセコンドを確保、さすがはmarikkaさん、取り付もつまずくことなくサクサクと登って来た。ここで改めてシステムの確認をして、marikkaさん2P目をリードで登りだす。2年前だったかこのピッチをリードしているのだが全く記憶がお有りにならない様子・・・リードの時には必ず無口になり顔が超真剣に、いかにも頭の中はリードシステムの反芻で一杯の様子がありありの“リード緊張モード”に。だが登りだすと上半身をそっくり返らせアンカーを探しルートの確認をし、安定してロープを伸ばしていく。OKの合図で2P目を登りテラスにつき、ビレーシステムの確認をすると、カンテルートから“友達夫婦”が登って来た。
3P目は目の前にハングがあって、ここはガバで安定して乗り越えられるのだが、見た目にはちょっとプレッシャーを感じるのかも、2年前はリードを否定したのだが、促すと躊躇せずにリードで取りつく。同じテラスでピッチを切っている友だち夫婦が、こちらのやり取りを笑いながら聞いていた。ハングでプロテクションを発見安心の声が、ロープをクリップ安定して乗り越しやがて3P目も難なく終了。正面壁には我々の下にもう一パーテーが登ってきていて、カンテルートからも1パーテーが、大混雑だ!落石に細心の注意を払い3回の懸垂で取り付点に無事帰着。とそこにポツポツ雨が落ちてきた、いいタイミングで降りてきたので雨に当たらずに済む。トカゲの洞窟で雨をしのぎながらゆっくりと腰を下ろし昼食をとっていると奥壁方面からオッキーさん夫妻が登場、ヤアヤアお久しぶり!そこに我々の後から登っていたパーテーも雨の中を降りてきたが、オッキーさん夫妻の知り合いだったようで挨拶を交わしていた、クライミングの世界は実に狭い狭い。
思わぬ雨にカンテルートは次回に回して、滑りやすくなった沼崎新道を峠に登り返す。峠の駐車場には雨で練習を切り上げた“会”関係のクライマーでごった返していたが、wall仲間の朋ちゃんを発見、チョット言葉を交わし、腰のヌンチャク類をガチャガチャ言わせながら林道に停めた車に戻る。

次回はカンテルートをリードしてみませんか?!ここの高度感チョッピリ痺れさせてくれますよ(笑)!!




2017.05.27 / Top↑
待ちに待った外岩シーズンの開幕です。7日(日)GW最終日赤岩に、メンバーはズッシーさん、中野さん、成田さんにmarikkaさんを加えての5名。天気は悪くないのだが風が強くて、南西の風もこの時期はまだまだ冷たい、皆一枚多く着込んで東に向かう。この風ではマルチは厳しいね!トリコニー岩が空いていたのでまずはトリコニーから、トリコニーと云えばダイレクトルートだ。2017年の登りはじめは5級ルートから・・・。
ズッシーさんリードで簡単にクリア、次に私が、以前は最後の出口が超えられなかったのだが、今は安定して登れようになった、昔は乗れなかったタンスを使えるようになったこと。次にmarikkaさんが、昨年まで最後の一手が届かずに涙をのんできた鬼門のルートだったが、シーズン始めに一撃クリア・・・めきめき腕を上げているので当然な結果だが!中野さんもリードで簡単かつきれいにクリア、写真を撮りまくってくれた成田さん、楽勝で続く。   【写真提供・marikkaさん】

IMG_5735.jpg IMG_5734.jpg P1250643.jpg
 ズッシーさんリード(Ⅴ級)  それを見上げる仲間たち  中野さんもリードで核心を抜ける

P1250635.jpg
成田サンがカメラを構えてポーズを取れとはやし立てるので・・・(笑)

海には白波が、こんなに白波のたっているのは珍しい。強風でマルチは断念。トリコニー岩でもう一本、、ズッシーさんリードでバンドルート(3+)を登る、中野さんもリードで。

4段テラスには先客がいたので、そのまま東のチムニーへ、頭は風の通り道で油断していたら海まで飛ばされそうな勢いだ、風の息を測って取り付に降りていくと先客が、T山岳会のメンバーでなんとか風を避けてチムニールートで、ナッツとカムの使用練習をしていたが、「落ちるのはやっぱり怖い!」と降りてきたのは、ナント朋ちゃんだった。チムニールート以外は強風で登れないので風をよけながら昼食にする。カップ麺に湯を注ぎ、しばし朋ちゃんと歓談、さすがT山岳会強風で登れなければ、ナチュプロの練習かぁ・・・とても参考になりました!
IMG_5750.jpg
海には白波が、強風でロープが流され練習にならない朋ちゃんP(T山岳会)

風を避けられるルートは4段テラス位しかなさそうだった。ここでmarikkaさんが一大決心を、4テラを初リードで登ることに。セコンドでは何回も登っていて技術的にはゆうゆうおつりがくるほどで、全く問題なし。ロープを結んでいるときはさすがに無口だった(笑)。
IMG_5762.jpg IMG_5765.jpg IMG_5768.jpg
                   marikkさん 4テラを初リード

登りだすとよどみなくロープは出ていき、最後のハングも難なくクリア、「おめでとうございま~す!!」

IMG_5774.jpg IMG_5781.jpg
marikkaさんのビレーで登る私とサポートのズッシーさん   (成田さんが写真撮りまくってくれました。)

風は強かったですが、楽しく登ることのできた2017年初外岩でした。 
   【終わり】
2017.05.14 / Top↑
毎週火曜日はmiura-wallの“壁練”の日、昨日(12/6)もつるつるのアイスバーンに緊張しながら車を走らせ、三浦邸にお邪魔する。毎度顔なじみの壁練仲間、和気あいあいと夫々の課題に取り組んでいた。

そこでこんスナップをカメラに収めることができました。
IMG_5361.jpg IMG_5360.jpg  
 テンションの瞬間浮き上がるTちゃん『ナイスビレー!』

上の重量級はPさん、下の軽量級はTちゃん、でっPさんがフォールして、Tちゃんがナイスビレーの写真です。
名誉のために付け加えると、PさんはM-wallでは間違いなく上級者で且つ間違いなく重量級なのに身体が驚くほど柔軟で、自重を完璧に支えるパワーがあり、いつも感心してみているのだが・・・。上級の証拠に、M-wallで難しい課題(ルート)をいくつもセッティングしている。因みにトライ中の課題は、何か月も(成功できず)トライし続けている上級の課題だとか(むろん私は触ることすらしない難関ルートです)、でっ、この日も攻略寸前で叶わず、来週に持ち越したようでした(ガンバレッ!!)
この写真の主役 ナイスビレイヤーのTちゃんも紹介しちゃうと、札幌でも屈指の山岳会所属でオールラウンダーで、アルパインクライミングもこなし、リードにこだわり練習熱心、私はいっつもしごかれていて・・・感謝してるんです~!

それにしても二人の重量差はかなりのはずだけど、この絶妙なバランスが崩れないのか・・・不思議なんだよなぁ???

 
2016.12.07 / Top↑
23日文化の日、クライミング仲間のズッシーさん、N田さん、N野さんに、今シーズンからズッシーさんに弟子入り、miura-wallにも時々顔を出しす巨漢のY田君と5名がNACに終結、いつもだと午前中は順調でも、昼食でお腹が満たされると決まったようにダレてしまうN田氏と私も今日は夕方まで気合を入れたクライミングができました(笑)。
IMG_5325.jpg IMG_5335.jpg IMG_5338.jpg

確実なルートを中心に数をこなし、理にかなった登り方にこだわり終日満足のいくトレーニングができました。まだまだ腕に頼った登り方ですが、以前に比べると終了点が薄っかぶりでもそれほど苦しむことなく登れるようになったのは、少しは足で登るようになったため、腕力を多少は温存できるようになったためかと自己評価。
IMG_5330.jpg IMG_5333.jpg

IMG_5343.jpg IMG_5344.jpg

miura-wall通いの成果が垣間見え、フリーもそれなりに面白さを感じるようになってきました。
2016.11.24 / Top↑
雪がちらつくほどの寒い朝だった。流石に寒すぎて外岩の季節は終わり、HYMLメンバーからインドア“赤岩小屋”でクライミング&ロープワークの練習をしようとの声掛けにのり、赤岩小屋へ初めての訪問となった。

赤岩小屋は、普通の住宅街にあり、外観も全く普通の民家なのだが、一歩中に入ると、屋内は全てクライミング用に造られていて、それは驚くほど完璧なクライミング施設になっていた。一部屋はボルダリング壁で分厚い本格マットがびっしり敷き詰められ、ロープがフィックスされたクライミング壁は3階吹き抜けで、三面のうち一面は見事な前傾壁となっていて、別の面にはしっかりした突起壁がチムニーを形成していた。
又2階からは懸垂下降ができるようになっていて、おまけに一階部分は空中懸垂となり至れり尽くせり。
konちゃん、サイちゃん、marikkaさんにアウルさんの5名メンバーで行ったが、HYMLメンバーのマサさんグループ6名も来ていて大賑わい、そこに赤岩からあまりの寒さに転出してきた有力山岳会Tのメンバーが6名が、中にはmiura-wallの仲間の朋ちゃんまで・・・しっかり新人を鍛えていました(笑)。

大賑わいになったので、クライミング壁を譲って3階の広い部屋に移動、ロープワークの講習会まで開いて充実の半日に。
きれいなトイレが2か所、もちろん流しもあるし、シュラフを持ち込んだらクライミング合宿ができる最高の感動施設でした。

肝心のクライミングですが、前傾壁も含め、いろいろなルートにトライ、リードの練習もでき、短時間でしたが有意義な練習ができました。
登りの調子も上々、最近はmiura-wallの成果が実感できて人口壁が楽しく感じるようになってきました。
2016.10.31 / Top↑
まとめ