3連休初日の19日、クライマー仲間の“OJIさん’s”N野さん、N田さんと、三段山にスキー山行。薄日は射せども風強く2段目上までは上れずに途中敗退も、雪質は思ったより良く、片道150Kmの日帰りだったが、それなりに満足できるスキーでした。
IMG_0039.jpg
2段途中敗退、風が強かった   【写真提供・N田さん】

11時過ぎに白銀荘出発、一段目を上ったところで振り返ると上富良野の街が霞んでいる。ここで、強風のために2段目途中で引き返してきた洋ちゃん&里ちゃん、KT子さんなど、オフミ(off-line-meeting)参加のHYMLメンバーとすれちがう。何度かオフミに参加していたおかげで皆顔見知りばかり、山で知り合いに会うのは嬉しいもの。上部状況の情報を貰ってわかれる。
P1030502.jpg P1030503.jpg IMG_0036.jpg
     登り口          一段目の壁        一段上樹林帯 【N田さん撮影】

2段目中段から、情報どおりに風が強まる。無理したらもうすこし上まで行かれそうな気もしたが、上に行けば行くほど風は強そうだし、吹きさらしでの下山準備を避け、右の針葉樹林帯に逃げ込む。
P1030507.jpg P1030506_20110320224156.jpg P1030508.jpg
    2段目上部       樹林帯で風をよける   二段下部、天気はイマイチ

いよいよ下りに、雪は多少重いが予想よりはズーット良かった。2段目下部をトラバース気味に降りるとすぐに樹林帯に入る。我々よりちょっと下で引き返した女性2人組と重なりながら一段目へ。この壁を思い思いに楽しみながら滑り降りたところで、このまま帰るのは勿体無いとザックをデポする。
沢を降りて来た時に合流する右の壁を空身で登り返す(珍しく元気)。シュプールはあるものの、斜面は余り荒れていない。本日の3人は揃って深雪初心者だが、“思い切りが大事だ!”と励ましあってオフピステに挑戦。いつもの事だが降りはアット言う間に終る。

デポしておいたザックを背負と、今度こそ露天風呂だ~!とばかりに白銀荘目指して緩斜面を競うように滑り降る。

そう言えばこの連休は春分の日のため!1月、2月、3月と三段山通いをしたが、十勝の山も確実に季節は進んでいました。


スポンサーサイト
2011.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/98-775ead79
まとめ