大晦日の今日31日午後から、藻岩山南斜面から冬期閉鎖中の観光道路経由で山頂まで登ってきました。

なんと言っても近い!景色は良くって歩きやすい。年間通して市民に人気の山だが、山スキーの足慣らしにも もってこい、札幌は実に恵まれた環境にあるなぁと感謝しつつ降りてきました。
P1030374.jpg
背後に広がる札幌の街並み

南斜面駐車場(13:06)→南斜面ゲレンデ上(13:34~13:40)→Dコース上(13:59~14:03)→
藻岩山山頂(14:23~14:40)→南斜面駐車場(14:50)


南斜面に雪は少なめでコースの一部は圧雪されていない状態、未整備部分に新雪求めてシュプールが何本もついている、雪質は良さそうだがもう一降り欲しいところだ。さすがに大晦日の午後だとゲレンデのスキーヤーは少ない。
上に向かって左端を登る。クライミングサポートは一段だけで上部までOKだった。登るにしたがって背後に恵庭岳が見えてくる。
P1030365.jpg P1030366.jpg
  北の空には青空も       恵庭岳

観光道路にでて出来るだけ道端を登る。圧雪状態、斜度と言いなんとも歩きやすい。Cコース上に出ると市街地方面の景色が広がる。チームで練習する上級の子供達の滑る音がカリカリと聞こえてバーンは硬そうだ。
Dコースの上部を巻くように緩やかに観光道路は伸びていて、恵庭岳の彼方に樽前山も見える。リフト降り場で観光道路は左に大きく曲がりそこからスキーヤーのシュプールは無くなっていたが、圧雪車が整備しされており、相変わらず登りやすく、スピードも上る。
P1030370.jpg P1030371.jpg P1030373.jpg
     Cコース        Dコース:雪少ない   人っ子一人いない観光道路

ツボで登ってきた登山者が一人降り洋としている山頂に到着。雪に覆われた市街地から石狩湾へと景色が広がる。
P1030376.jpg
  青く広がる石狩湾

山頂で十数分景色を堪能、空腹だが暖かい車でゆっくり食事をとることにして、楽しみな滑降に移る。
観光道路、南斜面と降りはゲレンデ、快適に滑って僅か10分で下りました。2010年最後にいい汗かくことが出来ました。

スポンサーサイト
2010.12.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/89-f7161cbb
まとめ