午前中はっきりしなかった天気が、回復しそうなので、昼から久しぶりに藻岩山に登りました。
軽々と登れるはずだったのですが・・・以外にも足が重くて・・・でも1時間で見飽きぬ眺望がえられる良い山だ!
P1030144.jpg P1030151.jpg
市街地を一望(柱が邪魔ダ)  日本海も見えます

登山口から樹林帯のジグを40分登ると急に眺望が開けるが、そこが冬には35°上級コブ斜面になる「うさぎ平」だ。今は一面ススキの斜面と化して秋真っ盛り、支笏湖を囲む紋別岳、樽前山、風不死岳、恵庭岳がススキの穂の間から望め、思わず立ち止まりたくなる。

市民スキー場(12:51)→(13:29うさぎ平(13:32)→(13:50)藻岩山山頂(14:30)→(15:03)駐車場

P1030139.jpg P1030142.jpg P1030155.jpg
 ススキの原のうさぎ平  樽前 風不死 恵庭   降りはススキに埋もれながら

丁度一時間で山頂着、レストハウスは立替のために閉鎖中。階段で屋上に登る。藻岩山には何度も登っているが、屋上に上ったのは何故か初めて。
遠望出来る山名を表示した案内板を覗き込む。雄冬山、浜益岳の懐かしい名前を発見。東の案内板には、芦別、夕張の並びの奥には旭岳、トムラウシ、日高山脈の名前。はっきりではなかったけれど、それらしき山影が認識でき、これほどの山が見渡せる事を初めて知りました。石狩湾から市街地に目を移すと。札幌の全てが見下ろせる。夜景も綺麗だろうな。

P1030150.jpg P1030154.jpg 
石狩湾の向こうに雄冬山、浜益岳、夕張岳、芦別岳の置くには日高山脈も

スポンサーサイト
2010.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/77-29615217
まとめ