快晴の6日(日曜)、iwaさん、M王さん、marikkaさんと赤岩・東の岩峰群で遊んできました。

M王さんは,クライミングのデビュー戦、初外岩でした。iwaさんは昨年赤岩を経験しているとの事でしたが、外岩の経験は数えるほどしかないとのこと。雪山に連れて行ってもらっていた頃から、赤岩に行こうと話をしており、やっと約束を実行する事ができました。

峠の駐車場は先週とは大違いで車であふれ返り、“P”軍団の我々の登りたいルートは、山岳会の訓練で使っているだろうし、登れるルートがあるのかチョッと心配に。ところが、なんとトリコニーのしかもダイレクトルートが空いているではないか!すかさずトップロープをセットする。

セットしながら周辺の様子を見ると、普段は登る人の少ない、子猫岩やピナクルリッジのピナクル部分だけ、馬の背の馬の背ルートにも人影が、東のチムニーは人であふれていた。

ダイレクトルートは、赤岩本Ⅴ+表示で出口が難しい。先ずmarikkaさんが登る。出口まではすんなりの様子。背丈のハンディーで最後のホールドにどうしても届かず苦戦するも何とか登る。次にM王さんが、生岩に初挑戦!一箇所だけルートの取り方を示しただけで、なっなんと、最後の出口もすんなり登ちゃうではないか。アナ、恐ろしや

いつもとは違って何となく元気のないiwaさんは、どうも昨夜の酒が残っているのか、途中まで登るが、具合悪いと降りて来た。
人にルートを教えながら、2年ぶりのダイレクトに、すんなり登れるかチョイト心配だったが、すんなり登れてホッとする、調子がいいのかも?!
次に4段テラスが空いたので、急ぎ移動!!このルートは短いが、最後の被りで高度感も出て皆ぎょっとするところで、この反応がナカナカ面白い。皆期待どうり「ぎょっ」としてくれしてやったりだ。高度感があって景色もよく、小さい岩だが楽しいところだ。
P1020681.jpg
4テラ:リードするMさん・・・(遊歩道から)

昼食をテーブルの頭で取った後、どこ(のルート)も混んでいるし、中赤岩の“team紅来夢の本隊”を冷やかしに行こうかと峠に戻りかけると、ラッキーにも東のチムニーが空いているではないか・・・急遽ロープをセット、空中懸垂の練習も出来るし、バックアップを取りながらの懸垂の練習もできた。

結局“本隊”には逢えなかったが、「oh!あなたもいらしていましたか」と多くの顔見知りとすれ違った。
いよいよ生岩シーズン真っ先り、沢シーズンまでしばらくは満員が続く!

スポンサーサイト
2010.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/64-a4380310
まとめ