上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ban・Kスキー場に「シールウオーキング」のコースがあるなんて知りませんでした。
netのスキー場情報で「シールウオーキングコース」を発見、昼近くになりやっと雲の切れ間から青空がのぞき出した26日の午後、ban・Kスキー場に向う。
受付でコースの情報を仕入れ、入山の手続きをする。女性担当者の対応が親切でgood。

「どんぐりコース」の端っこを滑走者の邪魔にならないように登り、「モーグルコース」の下を横切り林道に入る。林道の端っこを登っていると、スクールの子供たちがインストラクターに導かれて滑り降りてくる。案内版に導かれながらなおも登っていくと林道は二股に分れ、古いトレースが残る右の林道に入る。

景色を見ながらユルリと登っていくと向かいから突然大きなラブラドールが人懐っこく尻尾を振りながら走り寄って来た。敬意を払って右手の手袋を取りワンコの大きな背中をなでる。後ろから女性が、いかにも山慣れした感じだった。 
「こんにちは!やっと晴れたので、出てきました。」 「あっ、同じです、いつも藻岩ばかりで、三菱山初めてなんです」と私。「そーですか、山頂は景色イイですよっ、楽しんでください」と女性に励まされ、デワデワと歩きかけると、後ろから「ルパン、行くよっ!」とワンコを呼ぶ声、えっ?!ルパン?!「あのー、ルパンって、HYの方ですか?」慌てて振り返って確認すると、「ハイ、カルミンで~す」 「Oh~、カルミンさん?!お名前はよく・・・、書き込みの文章がとても上手いなぁって、よく読ませてもらっていました。あっ、私のハンドルネームは級長デス!」 偶然の出会いが嬉しい・・・。しばし共通の知人の話をして、「じゃマタお会いしましょう」 「ハ~イ!山頂へのトレース付けてきましたから、10分で登れますよっ」 「有難うございます、遠慮なく使わせてもらいま~す。」 思わぬ出会いが嬉しかった。
すぐに見つけた急斜面の樹林帯のトレース、何回かのジグを繰り返すと疎林の山頂に、木々の間から360度の展望、イヤ~、こんなに良い展望だとは・・・ビックリ!得した気分にさせる三菱山の山頂でした。

スポンサーサイト
2018.01.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/413-6beddf70
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。