春・漁岳のBCスキーでお世話になったkonちゃんとやっと休みを合わせた6月24日、桂岡待ち合わせで赤岩に向かう。後部座席には“リード”特訓中のmarikkaさんも、konちゃんとマルチピッチを登りたい、2年越しの目標だったのだが・・・。
 最近ハマっている手宮マックスバリューの手作りパン屋で菓子パン購入後赤岩に向かうが、フロントガラスに水滴が落ちてきた???予報は曇りで傘マークは無かったのに!!!
 赤岩峠に着くもフロントを濡らす雨は予想に反してしっかりと降っている。すぐに止めば岩は意外と早く乾くからとしばらく車内で様子を見ようと話しているところに全身を濡らした若者二人が戻って来た。聞くと44フェースにいたが岩が完全に濡れ、もうクライミングにはならないと諦め引き返していたと残念そう。
でっ、赤岩諦め“赤岩小屋”に向かう。“ありか”を見つけられるか心配だったが、ドンピシャ!一発で行きつく。赤岩峠には結構な数の車があったので、赤岩からの転出組での混雑を覚悟したが不思議と他には誰も来なかった。
 
konちゃんとmarikkaさんと3人で壁を独占して登り放題、3階分の高さがあってそれなりに登りごたえあり、同じin-doorでもmiura-wallとは設定者の違いか それにセットされたホールドもメーカーが異なっているようで感覚が異なりそれなりに面白い。トップロープで2本ほど登った後は、リードで何本も登る。ヌンチャクの向き、素早いクリップなどを意識しそれなりにイイ練習となった。懸垂下降のおまけ練習までして、最後の一本は2段構えの前傾壁にチャレンジ、さすがにここはトップロープだったが、前回この壁を登った時よりズーット楽に登れた気がする。間違いなくmiura-wallの練習成果が出ていると感じた!
なかなか休日が合わずやっと合わせた休日で楽しみにしていた赤岩のマルチだったが天候には勝てない、楽しみは先に取っておこう。
スポンサーサイト
2017.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/392-8d343651
まとめ