“人工登攀”今はエイドクライミングの方が通りが良いのだろうけれど、miura-wall仲間のさっちゃんがT山さんと赤岩・窓岩リッジを登ったという情報がもたらされました!ここの2ピッチ目はグレードA2の人工登攀ピッチで、合計7ピッチの上級ルート。3年前クライミング仲間のN田氏と試登に行って、最終ピッチから偵察目的で下降しかけたんだけど、5ピッチ目を上からのぞき込んだが状況が解らず、登り返せない可能性を考慮して偵察を断念した経験があるんだけど・・・。
でっ最近miura-wallの一部の仲間内でちょっとした人工登攀ブームになっていて、アブミを持ってきて登ったりしている。
IMG_5791.jpg IMG_5858.jpg
さすが朋ちゃん 上手い!   自作アブミ

そこで昔のアブミのプレート(ほとんど使ったことは無かった)を生かしてアブミを自作してみました。 レスト用に短い細引きの先にフイフイを付けていたが、谷川岳やその他の本チャンクライミングを経験してきた大ベテランのKTさんは、長めの細引きにプルジュークでモット細いロープを巻き付けて長さ調整を行えるセルフビレイ方法を使っていたとか・・・この方式には感心させられて自作してみましたが、これは応用がききそうです。夫々のアブミにデージーチェーンを組み合わせて使うというのは朋ちゃんからの情報です。ハーネスがゴチャ付くけど実践的な方法だと感じました。市販のギアーに頼らず色々自作してみるのは楽しい!

 人工ルートはどんどんフリー化されて減ってしまい、技術書の解説ページも消えかかっているが、、昔の上級クライマーはみんな人工登攀のルートにとりついていた。アブミの金属プレートが壁にぶつかって発する独特の「軽い音」にあこがれた当時が懐かしく思い出されたmiura-wallの人工登攀ブームでした。
スポンサーサイト
2017.06.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/390-7389a4a0
まとめ