21日私のスキー師匠&miura-wall(室内壁)ではとっくに師匠(私)を追い抜いた“アルパインクライミングの弟子”marikkaさんと赤岩に行く。スキープロでありながら高所が苦手(?)のkonちゃんにも声掛けをしたけれど、仕事のために来られなかったのがチョット残念だったけれど・・・漁岳スキーでお世話になったお礼は後日に・・・。

前日ラストスキーで日帰り・狩場山に行ったmarikkaさんは本当にタフだ。だが無理しての早出は不要と余裕の赤岩峠9時半。複数山岳会の“岩入門”が行われるのは承知していたが案の定峠の駐車場は超満員で、林道の駐車スペースに何とか車を割り込ませ、人だらけの赤岩峠から西壁に向かう。トカゲの洞窟には複数のザックが置いてあり、登り終えて降りてきた若者に尋ねると、西壁には4パーティーが取りついているとか、こんな混雑初めてだ。

この日はmarikkaさんのリードの練習目的でシステムの確認などをしながらゆっくり登るつもりだったので、混雑を無視して焦ることなくゆっくりと登攀準備をする。とっ“ゴロッ”???雷ッ???木々の間から見あげた空の雲は雷雲のようには見えないが、もう一度ゴロッときて雷を確認、オヨヨ!それほど強烈ではないが、チョットづつ近づいてくる気配、そのうち稲光も・・・幸い雨は降ってこない。しばらく様子見で待機も、雷より正面ルートの足場がえぐれた取り付が気になる。いつものように石を積み上げてあるのだが高さが不足気味、背のたりないmarikkaさんは何とかもう一つ石を積み上げようと奮闘努力していると、marikkaさんの知り合いのご夫婦が登って来た。そこでみんな気になる石積みの話題でしばし話が弾む。何とかもう一つ石を積まんと努力するが、安定感にかけ、かえって危険そうで諦める(笑)。
正面ルートは3+、3、3+の斜度の緩やかな大フェースでテラスは安定、海を見下ろす風光明媚な赤岩では最も登りやすいす3ピッチのマルチ、リードの練習にはもってこいだ。

1P目は私がリード 2、3Pをmarikkaさんのリード練習で行ってみよう!
足元の大きくえぐれた壁に右足を突っ張って思い切り腕を伸ばしす。左手はガバだが、右手はクラックの中に突っ込んで・・・外れないように・・・marikkaさんの友達夫婦の視線を背中に感じながら取りつく。左足を思い切り上げてスタンスをとらえ身体が上がったところでクラックの中の右手をもう一つ上にあげ、クラックの中でガバを探り当て一安心、こりゃ背のチョイとたりないmarikkaさんにはリードは厳しいわっ1
短い1P目を終了、大きなテラスに上がると懸垂下降中のパーティーが4名いて大混雑、手前のケミカルアンカーでセコンドを確保、さすがはmarikkaさん、取り付もつまずくことなくサクサクと登って来た。ここで改めてシステムの確認をして、marikkaさん2P目をリードで登りだす。2年前だったかこのピッチをリードしているのだが全く記憶がお有りにならない様子・・・リードの時には必ず無口になり顔が超真剣に、いかにも頭の中はリードシステムの反芻で一杯の様子がありありの“リード緊張モード”に。だが登りだすと上半身をそっくり返らせアンカーを探しルートの確認をし、安定してロープを伸ばしていく。OKの合図で2P目を登りテラスにつき、ビレーシステムの確認をすると、カンテルートから“友達夫婦”が登って来た。
3P目は目の前にハングがあって、ここはガバで安定して乗り越えられるのだが、見た目にはちょっとプレッシャーを感じるのかも、2年前はリードを否定したのだが、促すと躊躇せずにリードで取りつく。同じテラスでピッチを切っている友だち夫婦が、こちらのやり取りを笑いながら聞いていた。ハングでプロテクションを発見安心の声が、ロープをクリップ安定して乗り越しやがて3P目も難なく終了。正面壁には我々の下にもう一パーテーが登ってきていて、カンテルートからも1パーテーが、大混雑だ!落石に細心の注意を払い3回の懸垂で取り付点に無事帰着。とそこにポツポツ雨が落ちてきた、いいタイミングで降りてきたので雨に当たらずに済む。トカゲの洞窟で雨をしのぎながらゆっくりと腰を下ろし昼食をとっていると奥壁方面からオッキーさん夫妻が登場、ヤアヤアお久しぶり!そこに我々の後から登っていたパーテーも雨の中を降りてきたが、オッキーさん夫妻の知り合いだったようで挨拶を交わしていた、クライミングの世界は実に狭い狭い。
思わぬ雨にカンテルートは次回に回して、滑りやすくなった沼崎新道を峠に登り返す。峠の駐車場には雨で練習を切り上げた“会”関係のクライマーでごった返していたが、wall仲間の朋ちゃんを発見、チョット言葉を交わし、腰のヌンチャク類をガチャガチャ言わせながら林道に停めた車に戻る。

次回はカンテルートをリードしてみませんか?!ここの高度感チョッピリ痺れさせてくれますよ(笑)!!




スポンサーサイト
2017.05.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/388-1d8fc685
まとめ