5月2日、カミさんの友人Yさんとその仲間が小樽の某所に“花”を見に行くが、一緒に行かないかと誘われ、くっ付いて行くことにした。この日はカミさんが病院に行く日で、診察1時間前に家を出て友人Yさんを拾って病院へ、小一時間の診察終了後 高速を小樽まで飛ばす。
 景色の良い小さな小さな漁港の岸壁にはYさんの仲間3名がすでに到着をしていた。「初めまして!」のあいさつの後、ガタガタの林道を大きな穴を避けながらちょっとだけ移動して道路わきに駐車。それぞれ出立を整えて草原をこいで高みへと登っていく。足の悪いカミさんには結構なハードワークだったが、久しぶりの山歩き(もどき)に両ストックで苦労しながらも楽しそうだ。

 草原の急坂を登り切って林に突入、ヤブをこいで進むと、咲いていました!カタクリ、エゾエンゴサク、ニリンソウ、イチリンソウ、・・・スプリング・エフェメラル(春植物)の群生です。我々以外の4名は写真に凝っていて、とんでもなく立派なカメラを首からブラ下げて(首が痛くなるのでは?!)、花を踏まないようにと気遣いながら林床に寝そべり這いつくばって、カメラを横に縦に一心不乱にシャッターを切っていました。私は「雰囲気が解ればそれでいいのだぁ!」と、いつものようにただ適当にシャッターを押しました。
IMG_5728.jpg IMG_5730.jpg IMG_5727.jpg
                  真にスプリング・エフエメラル   

お仲間は毎年この日にここに来るのだとか、もちろん皆さん花や植物に詳しくて・・・、いい勉強になりました。それにタランボの芽が出ていて、採ることができて、もちろん天ぷらにして食べたんですが・・・。
IMG_5729.jpg IMG_5732.jpg
    昼食で観た景色     尾根に上がるとこんな景色が広がっていました

 適当な倒木に腰を掛け、夫々のお弁当をシェアーしながら楽しくおしゃべり、それはおいしい昼食でした。因みに我が家のおにぎりは北八ヶ岳・S山荘で鍛えられた私が握った筋子とタラコのモノで、料理の先生でもある友人Yさんからお褒めのお言葉をいただきましたゾッ
スポンサーサイト
2017.05.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/385-56bfa671
まとめ