2月1日・・・2017年の1月は過去のものに、はやっ!

カミさん(と友人)を送って、1時間後にまた迎えに行くことになっていた。一旦家に戻ってもすぐに迎えに行かなければならないので、お茶飲みながら時間をつぶすことにする。ついでにレモンを買っておいてほしいと言われたので、お茶の前にスーパー“Big”に寄る。
2個セットのレモンの入ったビニル袋をぶら下げてレジに並ぶ、10時を回ったばかりだったが、どのレジにも行列ができていて混雑ぶりにちょっとビックリ。と、レジには「支払いはセルフ・・・」の表示が・・・??? 何事かと前のおばちゃんの様子をうかがうと、レジでは支払いをせずに、自動精算機で支払いをしている。たったのレモン2個を買うために面倒な、見たことない機械は嫌いだっ!・・・でも、買うのやめるのはあまりにも情けない・・・おばちゃんだってできるのだからと機械の画面をにらみつける・・・。結果、初体験は思ったよりも簡単ではあったが、こんなシステムが導入されていることすら全く知らなかった。

羽田空港での手荷物の機内預けも機械化されセルフ操作、ラーメンだって牛丼だって自動発券機と格闘しないと食べられない、電車の乗車券購入も自動化され東京など複雑な乗り換えの通し切符などは路線もわからず、長い行列を背負って固まってしまう。ガソリンのセルフスタンドしかり、セルフと大きく書かれて人影のないスタンドなんて、絶対に入りたくない! “情けな~い!”と言われようともイヤは嫌なのだ!

1月に94歳になった母は東京で一人暮らしをしている。さすがに最近は食料品、日用品の買い物は自宅まで配送をしてくれるところに頼んでいるようだし、一人で切符を買う機会もほとんどなくなったが、もしもの時は絶対に無理だ。どんどんと年寄りが増えているのに・・・それにしても随分と住みにくくなったものだが、若者は便利になったと思っているのだろうか?!
いったい次は何が自動化されるのか、登山用腕時計、テレビのリモコン、etc、“機械”を見ただけで激しいアレルギー反応を示し、固まってしまう体質の私は、自分の余生に著しく不安を覚えている。
  
スポンサーサイト
2017.02.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/373-2bfd755f
まとめ