毎週木曜日はSKスキー場のシルバーデーです。ゴンドラリフト一日券がたったの¥1200円で超割安、木曜日になるとHYMLの“シルバー”メンバーが自然集結するという噂は聞いていた。 私は?!・・・当然権利アリアリだが昨シーズンまでは仕事をしていたので平日は行かれなかったが、今シーズンは何の障害もな~い!・・・はずだったが、何んだったのかなぁ~?12月のスキー場オープン直後に一回行ったきりでその後は一度も利用していなかった。ゲレンデでの滑りには余り興味がなくなったこと、それでもたまには練習をと思うと天気が悪かったり、用事が出来たりなどなど・・・。

気付いたら早くも3月に突入していました。今週末、札幌の最高気温は10度まで上昇するとの予想に慌てた、パフパフシーズンが終わってしまう!と言う訳で3日(木曜)SKスキー場にでかけました。
P1060133.jpg P1060134.jpg
山頂駅には大阪の中学生の団体が、残念ながら小樽の海は見えませんでした

毎週のようにSKスキー場で訓練を欠かさないKT子さんがこの日も行っているという。ゲレンデでの場内㊙外の隅の隅まで熟知しているというKT子さんを探しだして、深雪を案内㊙して貰うことにしよう!・・・そうしてこの日知ったのが『SKでは、こんなに深雪を堪能㊙できるんだ!』 今まで何回もSKで滑ったが、これほど深雪で遊べると㊙は知らなかったなぁ~。
P1060135.jpg
立派な深雪です 雪質も○

コースを区切っているロープを“ソーッと”くぐる。スキーやボードのシュプールがS字を描いて木々の間を縫っている。斜度も緩斜面、中斜面が適度に混ざり、十分に満足の出来る斜面だ。KT子さんは「荒されている」というが、雪質がよかったのでシュプールが邪魔にならず、滑りにくさは全く感じなかった。ダウンヒルの急斜面と並行している急パフ斜面はちょっと腰が引けてしまったが、途中止まりも入れて何とかごまかせた。結局3ヶ所の“深雪”を案内してもらったが、十分満足のいく滑りができた一日でした。

P1060140.jpg P1060141.jpg P1060142.jpg
一番気に入った斜面です、沢状の小さなオープンバーンでそれなりに斜度もありました
下からみると腰まで雪に埋まっているように見えます 決して転んだところではありません
(上の写真はテレマークです)  

P1060144.jpg P1060145.jpg P1060146.jpg

偶然出会えたHYMLメンバーは合計5名、一緒に深雪滑ったり、昼食を取ったりと楽しく交流もできたし大いに楽しむことの出来たご機嫌の一日でした。
スポンサーサイト
2016.03.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/323-7aa46492
まとめ