上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2016年シーズン第2回HYML白銀荘オフミ(off-line meeting)が三連休の1月9,10,11日行われました。
IMG_3848 - コピー IMG_3857.jpg IMG_3852.jpg
宴会準備中・皆リラックス    朝の出発風景(11日)     ジャイアント尾根駐車場

初日は三段山2段目途中まで、二日目富良野岳ジャイアント尾根、三日目は三段山宮様コースでBCスキーも雪が深すぎでスキーにならず、かなりの斜度の下りでもラッセル状態は初めての経験でした。

一日目、岩見沢の高速で吹雪かれるも11時過ぎに白銀荘着、ゆっくり昼食を食べて三段山に向かう。下り(滑り)も「登りのトレース」を利用(ジェットコースター)しているようで一段目までの緩斜面には膝の深さのトレースが伸びているだけで滑走の痕跡はなし。雪で凹凸の見難い中を2段目途中の“3本の白樺”で引き返す。ももまでの深雪は直滑降で滑るが舞い上がった雪がいきなりゴーグルを直撃。見難い斜面での一年ぶりの深雪に腰が引け一段目を降りたらモモがきつかった。よほどのドン引けだったのだろう。

二日目、久しぶりにジャイアント尾根に行く。まずは急斜面の林班沢を滑る。半端な斜面は下りラッセルになるほどの深雪だがさすがに急斜面のこのルートは、スピードが殺されておあつらえ向きとなり深雪を堪能できた。
急斜面を登り返してべベルイ沢へ、右に先ほど滑った林班沢へのトレースに入らず尾根を真っ直ぐ登り続けて、左てのべベルイ沢へ雪庇の手前で降りる。滑り始めはどこも急斜面だ、まだ雪に埋もれきっていないちょっとうるさい灌木を避けながら深雪を楽しむ。いつの間にか樹林帯の登りのトレースに合流、苦手な樹林帯を何度か尻もちをつきながらプルークのジェットコースターは足に来る、踏ん張りのきかなくなった足を突っ張り、何とか登り口の渡渉地点に戻る。

三日目、前十勝組と別れて三段山・宮様ルートを登る。膝をゆうに没するラッセルはほとんど一司さんとリンゴちゃんで完成(ありがとサン!!)。昨年腰の引けた滑り出しの斜面も雪が深すぎて下りラッセル・・・信じられない!山じいと二人で下りラッセル頑張るが、意識しないとスキーのトップがもぐるのでモモで板を持ち上げ結構疲れる。途中で登りのトレスーに合流、何とか滑って一段目の途中に帰着、一段目を登り返すという仲間と別れて白銀荘に戻る。
IMG_3859.jpg IMG_3861.jpg
宮様ルートを膝超えのラッセル、途中沢筋を右尾根に逃げる

暖房のきいた白銀荘でたべたアイスクリームが美味しかった。
深すぎの雪と格闘した白銀荘オフミでした。
スポンサーサイト
2016.01.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/315-b4faeb8e
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。