東京・八王子市で育ちました。本籍は今でも八王子に残してきたままです。
 
 実家に泊まった翌11日、小春日和の気持ちいい朝、朝食を終えて散歩に出た。5分程のところにある陸橋(弁天橋)を渡ると右手は雑木林で公園になっている。いつ頃出来たのだろうか「東京都立・小宮公園」 私が実家に住んでいた頃はただの雑木林だったと記憶してる。
IMG_3670.jpg IMG_3659.jpg IMG_3644.jpg 
 小宮公園の案内図 縦横に散策路が走っています   整備の行き届いた外周歩道   

公園の外周は立派な散策路になっていて、途中公園内に入る散策路が何本か分岐しています。2つ3つ分岐をやり過ごしたが、我慢できず(笑)、右折して中に入ると立派な木道が雑木林の中を緩く下っている。いい雰囲気、いい雰囲気!ところどころにベンチもあったり・・・、公園全体は凹状になっていて中央付近に降りていくと散策路が集まっ来ています。散歩をしている人の何人かは首から双眼鏡を下げたバードウオッチャだったり、三脚の上に大きな望遠レンズを乗せ何やら一生懸命に狙いを定めている人で、思い思いに朝の散歩を楽しんでいた。
IMG_3651.jpg IMG_3652.jpg IMG_3661.jpg
              縦横に走る木道            ウッドチップが足に優しい

分岐する木道を気の向くまま、適当に進むと緩い登り坂となり、ウッドチップを敷きつめクッションのきいた優しい路となる。何やら赤い屋根が見えるので行ってみると半周を池で囲まれた神社があり、池にはカモが何羽も泳いでいた。
IMG_3665.jpg IMG_3673.jpg IMG_3668.jpg
  なるほどなるほど!  “しらかし”って知らなかったナァ  赤い色が映えていました

その先が公園の出口になっていて弁天橋の下の道に出たのだ。そのまま進み弁天橋の下まで行ってみた。そこは切通しになっていて、コンクリートで土留され上部半分が石垣となっていて雑草で覆われていた。
IMG_3671.jpg IMG_3674.jpg
    弁天橋です       上から見るとこんな感じ

 この切通しにはちょっとした思い出がある・・・昔は下から上まで全部石垣に覆われたいた。中学生の時、何度か下に立っては石垣を見上げ、“登ろうか”と迷った。ある日・・・友達と一緒だったのか一人だったのか覚えていないのだが、弁天橋の下に行くと下駄をはいた大人が・・・といって二十歳そこそこの若者だったのだろう・・・石垣を登っていた、もちろん下駄でだ。登り切って姿が見えなくなったので、意を決して石垣に取り付いた。上部の登りきる寸前の石の出っ張りがやけに小さくて必死で登ったことをはっきりと記憶している。
IMG_3672 - コピー IMG_3675.jpg 
    ノーザイルでの登攀グレードは3級か?(笑)

 公園の駐車場から再び公園に戻り優しいウッドチップの路を緩く登っていき弁天橋の道に出た。公園をでて弁天橋の上に立つと危険防止のために張られた金網越しに石垣の小さな出っ張りが、すぐそこに見えて再び50年前の記憶が蘇ってきた。
スポンサーサイト
2015.11.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/305-74a00373
まとめ