8月4日朝、新冠ポロシリ山荘を4時過ぎに出発、奥新冠発電所には9時過ぎに帰り着きました。19Kmの林道を正味4時間55分で戻れたのは、ここ数年の自分の山での体力を思うと、上出来だったと思う。

それなりに充実した気持ちで握るハンドルだったが、「こんなに長かったかなぁ?!」と思うほど、奥新冠ダムからの戻りの新冠林道の運転は長く感じた。この日、なんとしても雌阿寒温泉“野中温泉”には18時までには着きたかった。休息もそこそこに運転し続けたのが功を奏して野中温泉に着いたのは余裕の17時ころだったか?!お蔭で食事前にゆっくりと露天風呂につかることが出来、すっかり幌尻岳の汗を流すことが出来ました。
IMG_3167.jpg IMG_3166.jpg
強行軍でしたが、野中温泉の夕食にありつけました。メデタシ メデタシ!


5日、ヤット外が明るくなりだした頃、爆睡から目覚める。そっと布団を抜けだして廊下を奥へ。夜が白みかけた露天風呂に一人浸かっていると改めて19Kmの林道歩きの緊張から解かれていくような感覚が全身から力を抜いていった。
この日予定の雌阿寒岳はわずか10日前、火山噴火警戒レベルが2に引き上げられ、7合目までしか登ることが出来ない。天気は良いしノンビリ散歩がてら、幌尻岳のクールダウンにはちょうど良いかも、緊張感から解放されて今日の山もそれなりに楽しみだ!

雌阿寒岳野中温泉コース登山口(発) → 7:02(着)二合目(発)7:10 → 
7:51(着)5合目(発)8:00 → 8:27(着)7合目終点(発)7:40 → 9:25(着)3合目(発)9:35 
→ ?記録なし?(着)登山口

IMG_3168.jpg IMG_3170.jpg IMG_3172.jpg
エゾ松の根が張り巡らされ ふかふかの落葉のクッションが歩きやすい。すぐにハイ松が現れました。

IMG_3173.jpg IMG_3177.jpg 
ハイ松はトンネル状から高度が上がるに従い背が低くなり、どんどん眺望がよくなる。
気持ちの良い気分的にも登り安い登りです。


IMG_3180.jpg IMG_3182.jpg
あっという間に7合目に着きました。これ以上は立ち入り禁止です。なんか半端な気分の記念撮影ですが・・・。

休憩中に追い越して行った単独行者がいません、立ち入り禁止の禁を破って山頂を目指したのでしょう、
必ずこういう輩がいるんですなぁ~!

下りではゴロに乗らないように、捻挫に気をつけ慎重に下ろう、羊蹄山の二の舞だけは避けなければ・・・、
もう若くはないんだから(笑)。 
    お終い


スポンサーサイト
2015.08.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/294-4bf14b9f
まとめ