仕事で大変お世話になったN社長は、創業100年をゆうに超える老舗会社の社長サン、
気さくで明るくて超元気、優しい人柄で勿論仕事熱心、初めてお会いした時からの大ファンでした。

4月(私の)引退寸前に東京でお会いする機会があり、
6月は仕事での来札が可能だったことを知っていたので、「是非お越しください!」 と
声をかけさせていただいたところ、「たまには札幌にも」とお忙しいにもかかわらずOKの返事・・・ヤッタぜっ!

17日、朝来札されたばかりのN社長,さっそく仕事場に押しかけ翌日時間を空けていただくようにお願い・・・すると、なぁなんと     「クライミングをやってみたい!」   デスとっ!
テレビで見たことがあり興味はあったとか、もちろん経験は皆無 折角のチャンスなので経験したいと仰せに、さすが 好奇心旺盛! (N社長は私よりはズーッと(?)お若いですが、世間からは“若人”とは決して呼ばれるお歳では・・・ナイ! のでして・・・兎に角チャーミングな方なんですヨ。)

18日、10時半NACへ、早速ハーネスを付けて、私の飛び切り小さなクライミングシューズをお貸しする。
まずは初心者用の低い壁で、ロワーダウンの練習、怖がる風もなく、ザイルに身をたくして“テンション!”
低い壁で2本ウォーミングアップ・・・問題な~し! シューズもとりあえず問題ないようで。
でっ、いよいよ13mの壁に、登り易そうなところに移動してハーネスを再チェック・・・OK・・・で取りつく。
ジムに通っているとかで身軽そのもの、サクサクと登っていく。時々足を入れ替えたりと迷ってはいるが何の問題もなくアッと言う間に上まで到達、テンションも怖がるふうも無し。もう一度同じところを登るが、息も上げずに降りてくる、13mの高さも全く怖がる様子もなしに。次に移動して登り易そうなところを探す、上を見上げて壁を目で追いそれから躊躇なく取りつく。
さすがに“汗をかいた”と言いながら壁を歩くように のアドバイス通りにロワーダウンで降りてくる。
もう一本登って・・・満足げに“これ以上登ると腕に来そうなので止めます”と汗を拭き拭き明るい表情。何事にも迷いがないですne。
まだまだ時間があったので、余市方面を案内しようと高速にのる。ソーダッ、赤岩に寄り道してあの絶景を見てもらおう。
峠には平日にもかかわらず数台の車が・・・トリコニー岩へと遊歩道を歩いて行くと、丁度登っているパーティー(ガイド登山かなぁ?)がいた。あの大きな壁が「東の大壁」で、正面のとがっているのが「ピナクルの頭」です と得意気に解説をする私の言葉にも生返事で、「実は私高所恐怖症なの!」とNACとは別人のN社長は、余り下を見ようとしなかった。
いつの日か、もしもチャンスがあれば本チャンも経験をして頂きたかったが・・・、これは叶いそうもないことが分かりました(笑)。

スポンサーサイト
2015.06.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/288-2aaa23ff
まとめ