上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
konちゃんよりHYMLの仲間内で評判の白老沢支流大星沢が面白そう、癒しの沢なので15日に行かないか?とありがたいメールが届く。ノンビリ山行で大雪にでも入ろうかと思っていた矢先だったので、喜んで参加表明。さすが人気の沢で、計画が進むにつれ参加人数も増えしかも見事なまでに精鋭ばかりが・・・、攀る沢も精鋭にふさわしく、三重の沢が加わりこれはもう“癒し”なんてもんじゃない・・・と思ったのは自分だけで、ほかのメンバーにとってはやっぱり癒しだ・・・頑張らなくっちゃ(ちょっとプレッシャー!)

空知組と支笏湖畔で落ち合い、konちゃんのレガシーをひたすら追いかけ白老川を目指す。
駐車帯でkonリーダーから本日の説明を受ける。さすがリーダー、ルート地図を準備してくれていました。
IMG_2176.jpg IMG_2180.jpg
 konリーダーの説明を聞く    アプローチの林道

まずは白老川に入渓、一度下って白老滝を上(落ち口)から見学した後、で大星沢に向かうということで、白老川を下る。
10分ほどで滝に、2段になって落ちるの白老滝、その落ち口を真上から眺めると吸いこまれそうで迫力がある。(午後から同じ滝を下から見ることに・・・)
落ち口に行く前のへツリでは、いきなりmarikka師匠がドボ、腰上まで水に浸かってみんなの喝さいを浴びていました。ほかにも2,3人ドボしていました。
IMG_2181.jpg 
上段の滝を上から覗き込む(足場も悪く、ド迫力で吸いこまれそう)

滝の見学を終え、再び上流へ戻り入渓地を通り越して支流の大星沢の出会いへ いよいよ遡行が始まりました。
皆感激していたのが沢の美しさというか岩盤の色で・・・、大星沢も、三重の沢も下降に使った砥石沢も沢を形成する岩の色が、淡いブルーと言うか、白味がかかった薄い水色で、高級食器にしたくなるような何とも上品な色合いで、終日皆の口から綺麗だねっ!なんという色なんだっ!と口を開けば感嘆の声仕切りだった。この岩にはおまけがあって、不思議なほど、全く滑らないのだ。かなりの斜度で 見るからに滑りそうなナメ滝も手もつかずに下に向かってすたこら降りられたのにも皆感動しきりだった。沢の経験豊富なメンバー誰もが、かつて経験したことのない“色”の沢床、岩盤でした。
IMG_2182.jpg IMG_2186.jpg IMG_2183.jpg 
  いよいよ入渓です    超ハイテンションのmarikka師匠  よもぎさんが滝を登っています 

IMG_2184.jpg IMG_2185.jpg IMG_2188.jpg
  好みのルートを行きます      へツリ       立派な滝(左を登ったかな?)

次から次へと小滝が出てきます。兎に角滑らないのでどの滝も直登できます。中には立派な釜をもっていて、滝に取り付くまでの釜のへツリが難しく、水中の方がスタンス(足場)が拾い安い事もしばしば、どうしても水につかりたくないと、微妙なバランスのへツリとなり結局ドボと言う羽目に。すすんで水に浸かって確実に行く人、あくまで水に浸からなぬようにへつって苦労を楽しむ人 沢登も性格が出て、他人の登りを見ていると楽しいです。
IMG_2189.jpg IMG_2190.jpg 
色が上手く出ていないが綺麗な岩盤の沢を詰める・とにかく綺麗でした!

なかなかの滝が出てきました。サイちゃんは一人だけ逆らって左から登ろうとして途中で動けなくなり、何とか右に移ろうと試みましたが、水流が強くてそれもかなわず、ついに「ロープ~~!」と叫んで皆にからかわれていました。釜のへツリでも難しい方に行けと言われ、皆と反対側をへつって見事にドボ、やんやの喝采、濡れついでに同じへツリを逆走お見事リベンジ成功、も一度喝さいを受けていました(爆)。
IMG_2191.jpg IMG_2192.jpg
    望岳の滝        自動車道路から見下ろす大星沢は迫力満点でした

望岳の滝で折り返し、自動車道にかかる橋の点検用の垂直の階段から道路に脱出、この垂直の階段がこの日の核心だったかも。次の三重沢に車で移動、皆本当に沢登が好きですねっ!

IMG_2193.jpg IMG_2195.jpg IMG_2196.jpg
 白老滝を下から見上げる  時々綺麗な岩盤が現れる     三重の沢出合

白老滝を下から見学後、白老川を三重沢出会いへ40分ほど河原歩き、綺麗な岩盤を歩くこともありましたが、中流域の河原歩きで何回か渡渉を繰り返す、水量はせいぜい膝まででカムエクや幌尻のアプローチの練習になりました。

相変わらず早い(皆にしたら普通?)ペースで三重沢を登っていく、形相は大星川と似ている、相変わらず薄水色の上品色の綺麗な沢底が現れ、そのたびに感嘆の声が上がる。特段難しい滝はなく、スリルを味わいながら直登していく、とそこでトラブル、早いペースに必死についていたわたくし目、階段状の岩を登っていた時に軸足を木の枝に取られて前のめりに倒れる、後ろからついていた人には顔を岩に強打したように見え心配をかけたが、足の付け根の筋が伸びたような感覚で、足の運びによっては力が抜ける感じにそれでも皆に励まされて、三重の沢を詰め切、林道経由で今度は砥石沢を下降、何とか車に戻ることができました。
沢良し、メンバー良し、ハードだが楽しい一日何とか皆と楽しむことができました。

 メンバー  L::konちゃん シラちゃん サイちゃん、marikka師匠 よもぎさん リンゴちゃん チカプ

スポンサーサイト
2014.08.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/257-ad87d201
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。