8月3日 東京出張。いつものANAは久しぶりにジャンボ機だった。

現在日本の空を飛んでいるジャンボ機はANAの4機だけで、これも年内で全てなくなるらしい。
ジャンボ全盛の時には、世界一の旅客数を誇る千歳・羽田間は当然ながらジャンボ機が多く就航しており、いつも2階の後方窓際の席を取っていた。壁際にかなりかさばる冬のコートなどが簡単に収まる、結構な収納スペースがあり、気に入りの席だった。ちなみに今は、最後尾の何列か、二人掛けの窓際を好んでいる、どこに行っても端っこが好きなので。
IMG_0453.jpg
ポケモンジェットに夏休み中の子供は大喜び

初めて航空機なるものに乗ったのは、新婚旅行でハワイに行ったときで、ノースウエストのジャンボ機だった。
会社の先輩にジャンボ機は2階に展望デッキがあると教えられ、真顔でスチュワーデスに、展望デッキに行き方を尋ねたものだ、からかわれたのだった。

数えきれないほどジャンボ機に乗ったが、数乗っていると結構な揺れを感じたこともあるし、千歳上空まで来て着陸できずに羽田に引き返したこともあった。台風などの欠航も何回か経験したり、自機への落雷も経験したが、トラブルに巻き込まれたことは一度もなかった。元々飛行機大好き、信頼感は絶対で全く不安を感じることはない。もう一つ、マン万が一の時には一瞬で始末してくれそうで、それはそれで楽チンだと思っている(笑)。

一度だけヒヤッとしたことがある。千歳空港に着陸寸前で機内のモニターにはすでに滑走路が映っていた。とっ、突然エンジンの回転数が上がり、一転して上昇を始めたのだ。一瞬機内はシーンとなり、スチュワーデスによる機内放送もない、さすがに心臓はドキドキ思わず背筋をのばし、動揺のそぶりは見せずに目だけで機内を見渡した。正確な言葉は忘れたが何でも他機が異常接近したために急きょ上昇したとの機長説明があったのはほぼ水平飛行に移ってからだったと記憶している、機長説明後一瞬機内に起きた何とも言えぬどよめきgた、今でも耳の底に残ったいる。

翌8/4日上手くすれば会えるかなぁと思っていた友に残念ながら会うことができず、次回の楽しみとして、久しぶりに横浜に行く。本当は昔から好きだった北鎌倉に行きたかったのだが、暑さに負けて横浜で手を打ってしまった(笑)。がっ ラッキーにも模型電車の博物館を発見、世界でも有数のジオラマが広い館内につくられ久しぶりに子供に帰って楽しむことができた。実は模型電車Nゲージを少々持っていて、時間ができたらジオラマでもと思っている。館内は写真撮影禁止写真掲載できず残念だった。
IMG_0458.jpg
横浜南口風景(横浜旭区に住んでいたことがある・変わったものだ)

帰り、早めに羽田空港に着いたので、いつものように送迎デッキに上がってみた。ちょうどジャンボ機が離陸するときで、あわててデジカメを取り出した。ひょっとしたらジャンボ機の見納めになるかもしれないと夢中でシャッターを切った。
IMG_0459.jpg IMG_0460.jpg IMG_0461.jpg
  747・スタンバイOK    747・前輪が上がりました    747・上昇しています(どこに行くのかなぁ?)


行と帰りと連チャンでジャンボ機に遭遇、ジャンボの運命の機長説明にまたしても、時の流れをつくずく感じさせられました。
スポンサーサイト
2013.08.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/202-e93549b5
まとめ