上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
GW前半27、28、29日角館、弘前、五稜郭と桜の名所を尋ねるバスツアーに参加・・・満開の桜を満喫するはずだったが、大外れも大外れ!わずかに弘前城天守閣前のシダレ桜一本が開花していただけ、・・・満開間違いなしと読での申し込みだったが・・・残念無念、自然には勝てませんでした。

札幌駅の団体待合場所「鐘の広場」・・初めて存在を知る・・から、ツアー客39名と添乗員を乗せたバスで苫小牧東港に。19:30発の「あざれあ」乗船。さっそく船内を探検(皆も同じ行動)、あちこちに椅子が配置され休息を取りやすくしているてシアターなどもある。

夕食は1840円なりのバイキング、トレーを持ったときのちょっとした「わくわく感」、今日は目付役が一緒なので、上品にpick-upしていかねば・・・はやる気持ちを抑えるながらも、いつの間にかお皿がいっぱいに、ジョッキーを傾ける・・・美味い!なんとも幸せな気分・・・なぜかミートソースが美味しくておかわりまで。
今のフェリーは揺れないよと聞いたような・・・それなりに揺れる!
時々船の揺れにバランスを崩しながら一時間金100円也(安い) 卓球ではしゃぐ。

IMG_0101.jpg IMG_0102.jpg IMG_0106 - コピー
     乗船です      らせん階段が雰囲気をつくる  寝るだけだとB寝台(旅気分)

22時消灯のルールを順守、“手すりのない”2段ベットの上段に横になる。ローリングにピッチング、じかに感じる揺れに身を任せているうちにいつの間にか眠りに落ちる。一度暑さで目覚める、相変わらずのローリング&ピッチング&暑さ、ちょっとつらい暑さに、気休めにカーテンを開けて今が耐え時と自分との闘い。と言うほどでもないが・・・早く夜が明けてほしいと思いつつ再び眠りの底へ。5時に再び目が覚める、さすがにもう眠れない、暑さに耐え切れずベッドを抜けだす。
IMG_0111.jpg IMG_0113.jpg
  早朝のデッキ 気温が人影はなし かなりのスピードだ

7:45定時に秋田港に下船、慌ただしい一日が始まる。

IMG_0129.jpg IMG_0128.jpg IMG_0133.jpg
4度目の角館の武家屋敷、桜はないけど風情がある。桜祭り会場露天も出ているが盛り上りに欠ける。

角館から八甲田山を越えて弘前に、もう6,7年たつだろうか、桜満開の弘前城を訪れたことがあるが、それは見事だった。空はちらほら青空がのぞきだしたし、束縛のない時間を楽しむことにする。

IMG_0142.jpg IMG_0141.jpg IMG_0151.jpg IMG_0148.jpg
天守閣前のシダレ桜が唯一開花 天守閣からの岩木山が立派でした。

予定通り五所川原のホテルに到着、食事処を探して“閑散とした”繁華街へ、大した選択肢のない店数に、ままよと入った店がよかった。居酒屋にしては気の利いたつくりで、掘りごたつ式のカウンター、器もそれなり 居酒屋なので和洋中、何でもあったが、夫々こだわりの料理は美味しかった。以前より“佞武多狙い”の連れ合いも又五所川原に来たらこの店にと気に入った様子、料金に特別の割安感も割高感もなかったが、美味しい夕食に満足してホテルに戻る。

最終日 青森港10時発のフェリーで函館へ、仕事ではいやと言うほど通った函館だが、五稜郭は初めて。五稜郭タワーの展望台に上がるが・・・イイじゃん!天気もそこそこ良くなりなかなかの展望で、侮れない!
IMG_0182.jpg IMG_0194.jpg IMG_0190.jpg
 左舷の先に駒ケ岳が      なかなかの景色     遠目には乗ってきたフェリーも ズームでアップ

最後の昼食も途中で積み込まれたホタテ弁当を車内で食べる。
慌ただしい旅だったが 乗っているだけの気安さで うたた寝し放題、2度のフェリーも変化があってそれなりに楽しめた初めてのツアー旅行だった。たまにはこんな旅もいいものだ!






スポンサーサイト
2013.04.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/185-a0083b6f
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。