上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
新しい板をを買いました。ノルディカのロッカースキーで、178Cm 84cmです。
P1060023.jpg

でっ、遠出する時間はないし、どの程度滑れるのかわからないので
手ごろな山へ・・・と言うとここしかない!藻岩山に行ってきました。

今回のシールはブラックダイヤモンド、摩擦が強いので、滑らすと重いが
急斜面で下がりにくいということで選んだのですが・・・
歩き出してすぐに怖気づくほどのその重さにビビる。
163cmのゲレンデ用カービングスキーに比べたら当然と言えば当然なのだが、
板の重さ+シールの特徴・・・予想をはるかに超える重さに眉間にしわがよる。

南斜面の端を遠慮深げにゆっくり登る。
上に行くにしたがって斜度はますが、指摘のとおりで
シールが効いて下がらない。板の面積も関係あるかもしれないが
上部でもジグを切る必要がないほどで、これにはニンマリする。
P1060001.jpg 

観光道路に出てもやっぱり足が重い、新しい板の重さは南斜面を登り切ったぐらいでは全く慣れない。
ゲレンデから離れ静かになった観光道路を登っていくと新しくできたモノレールにぶち当たる。
ピステのキャタビラの跡が凍っている観光道路をなおも上ると、山頂レストランに到着。
スノーシューとつぼ足に軽アイゼンの登山者が数名。
雪に覆われた札幌の街が足元に広がる。曇りのせいか全体にどんよりしていて、いつまでも眺めていたいという雰囲気ではない。早々に滑りの感触を確かめてみようと下りの準備。
P1060014.jpg P1060018.jpg

山頂直下、面白そうなオープンバーンに滑った跡があるが、滑走禁止の立札が、慣れない板での初滑り、で斜面に飛び込む勇気なく、素直に看板の文字に従う。
それにしても滑りにくい。下りでも以前の板とは全く異質。踏み固められた斜面では兎に角滑りにくく、慣れるのに時間がかかりそうだ。
今日は深雪の経験は全くできなかったが、深雪での活躍に期待をしてみよう。

スポンサーサイト
2013.02.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/175-5747083c
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。