14日(日)秋も深まった赤岩に、ザイルパートナーは岳友marikkaさん、クライミングは今シーズン初めてだ。
多くの岳人が沢から生岩に戻る頃かと混雑覚悟で赤岩峠につくと天気予報が悪かった為なのか、ウッソ!と叫びたくなるほど、駐車している車は少なかった。まるで平日みたい、だなどと話しながら西壁に向かう。
P1050686.jpg 赤岩24、M
                     
ソーダ!壁は空いているし、誰に気兼ねをする必要もないので絶好のチャンスとばかりmarikkaさんに初リードをけしかける。登る技術だけなら、私よりずっと上手いのは本人も含め誰もが認めるところだ。

西壁正面は久しぶりだ。ここをツルベで登ることにして、さっそく取りつく。1P目岳友は2Pのリードを考え緊張したといいながらテラスに上がってきた。一息つきながら流動分散のおさらいをして、いよいよ岳友が初リード。全く問題なくしっかりルートを見極めながらザイルを伸ばす。振り返ると眼下に虹が、写真撮影をする余裕まで。セコンドで2P終了のテラスに上がると初リードの興奮は全く見られず落ち着いたものだ。3P目もリードを進めるが、ハングの乗越の記憶がないので遠慮するというので、再リードで西壁正面を完登。

丁寧に登ったせいか、結構いい時間になったので、奥リスに移動する。
これまた珍しいことに奥リスにはだあれもいない。紅葉もそれなりに進んでいて、正面に増毛の山がしっかり見える。

気合のスイッチが入った岳友はノーマルルートに続いてジェードルルート(Ⅳ+)にも積極的に挑戦簡単にこなす。M-wall での努力のたまもの、継続は力なりを証明、間違いなく攀じる技は上だ!(脱帽)
もう帰るのかと思ったら、ノーマルをもう一度 しかもリードでトライしようかと迷っているという。
一応トップロープ状態であまり張らずにヌンチャクをクリップしながらリードをイメージし完登。
十分に楽しめた秋色の赤岩でした。 
     【写真提供 marikkaさん】
3赤岩24、M



スポンサーサイト
2012.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/168-e1797a67
まとめ