赤岩の予定は念ながら雨で中止。でっ、10時待ち合わせで久しぶりのNACへN田氏と。支笏湖道路が通行止めになるほどの激しい雨に、NAC受付は 今日は多少混むかもしれませんと笑顔の対応。

まずは赤岩の主N崎さんご一行にご挨拶。N田氏も私もホンに久しぶりのin-doorなので、易しいルートをゆっくり登ろうと若葉マークを選択。それでも壁に取り付きながら腕力に頼って登っているのがよくわかるが上手く足で登れない、 マスマス下手になっていく(というほど、元々上手くなかったが・・・)。

そこに 山のトイレデーのボランティア活動が雨で中止となりNACに転出してきた大ベテランのおKさんと久しぶりに会う。午前中だけ登って帰るというおKさんは相棒が遅れているのでと、何本か付き合ってくれる。私に合わせて5・9などを登るが、どんなに易しいところでも上手い人のクライムはリズムカルで本当にきれいだ。炎のリードオフマンN田氏も感心しきり。

そうこうするうちにこれまた久しぶり M-wall仲間で同級生(スタートがほぼ同時で最初はP組などと言っていたがアッという間に上達、トップクライマーとタイで登ると噂)の さっちゃんとなんたってthirteen-climberのH田さん登場、なんと二人とも時々この私めのblogを覘いてくれるとのこと・・・OH!恥ずかしや、熱烈感謝!!

おKさんが5・9だけど侮れないヨと私の実力を見越して案内してくれたルートへ。出足直後、気持ちかぶり気味の壁をきれいな身のこなしでリズムよくあっという間に終了点へ。次のN田さんもさすがに“9”は楽勝だ、きっちり登っていよいよ私、おKさんのビレーはちょっとプレッシャーだが・・挑戦!二人が簡単に届いた右のホールドにどうしても届かない。おKさんは私よりはるかに背が低い なのにどんな登り方をしたのか覚えていないほど簡単に登っている・・・なのに届かない!よくあることだが不思議だぁ。
テンションかけかけ3度目で飛びつき気味に思い切り伸びて何とかクリア、がっ両腕は早くも限界に、ごまかしごまかし何とか上まで登る。ビレーヤーがおKさんでなければとっくにあきらめたのに これぞ“おKさん効果”?

さすがにN田氏も腕に来たといいながらそれでも何本か登る、リードクラーマーに目覚めたか・・・。私は限界でちょっと腕力のいるルートは登れない。このまま帰るのはちょっと悔しいと何とか易しいルートを見つけて粘る。
さすが疲れて1時半に上がる。
帰りがけハチ夫さんに、エスカレーターのところでブーシャ・オッキー夫妻とばったり。当たり前だが上手ければうまいほど練習するんだぁ!来年はどうしても剣・八峰に挑戦したい・・・精進しなければ!
N田さん、付き合い ありがとうsunday!またよろしく!


【追:声掛け】
H田さんから3~4Pの新しいマルチピッチのルートの開拓中との興味深い情報をもらう。岩の名前はあるのかなぁ?完成したら連絡くれるとのことだから楽しみだ。ボルトをべた打ちにしてと頼んだけど、比べようもない実力差、べた打ちにしたよと言うだろうけど間違いなく私のレベルでは「べた打ちとは言わな~い!!」だろうな
さっちゃん!沢の声掛け待っていま~す!時間取れたらぜひ行ってみたいです。


PCメール:mtsakano@ybb.ne.jp です
スポンサーサイト
2012.09.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/164-c6f82386
まとめ