上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
お盆休みの中日13日の天候が思わしくなく大雪・白雲岳は取りやめ、14日十勝連峰の富良野岳に登り、その夜は白銀荘のキャンプ場でテン泊、全面芝生のキャンプ場は、ファミリーキャンパーで溢れかえっていましたが、登山基地という環境がそうさせるのか、マナーがよく快適ないキャンプを楽しむことが出来ました。
P1050455.jpg P1050478.jpg
     富良野岳         山頂からの山並み

【コースタイム】
登山口(9:32)⇒カミホロ分岐(10:10)⇒休(10:47~11:01)⇒稜線鞍部(11:41)
⇒富良野岳山頂(12:23~12:53)⇒休(14:05~14:18)⇒登山口(15:01)


天気は良かったが、空気が冷たく2週前のオプタテシケから季節が進んでいることを感じた。
花の季節も終わり、人でごった返すイメージの富良野岳だったが、登山口から肩の鞍部まで、前後して登っている登山者は皆無、すれ違った下山者は単独2名、二人連れ2組だけ、山頂に登った時には単独の登山者が3名いたが、昼食を取っている間に次々と下山して、日とりぽっちの山頂に!好天にもかかわらず、以外にも静かな山を味わうことが出来ました。
P1050460.jpg P1050451.jpg
       稜雲閣         紫が鮮やか

山頂はそこそこのひんやりとした風が吹いており陽だまりの温もりが気持ちいい。時折雲が湧き上がってくるが又風に飛ばされ青空が広がる。稜線は十勝岳に続く山々が連なり、左手に旭岳から忠別岳と大雪の山なみが、右手には東大雪の連なりが霞んで見える。
P1050475.jpg P1050471_20120819084001.jpg P1050482_20120819084015.jpg
    富良野岳山頂          表大雪             東大雪

冬から数えて4度目の白銀荘は、初めてのテント泊で。芝生の整備された気持ちのいいサイトの端っこに一人用の小さなテントをはり、小さな椅子に腰掛一人ジンパ!
P1050510.jpg P1050516.jpg P1050518.jpg
     一人ジンパ     ファミリーキャンパーで一杯  綺麗な夕日に星空を期待したが・・・

大陸からの移動性高気圧が張り出すということで、満天の星空を期待していたが、雲間から覘いているのは二つ三つの星だけ、天の川を諦めて8時にはシュラフにもぐり込むとアット言う間もなく深い深い眠りそこに落っこちていきました。
    
スポンサーサイト
2012.08.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/161-7f4ddd80
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。