16日(土曜)ニセコ・チセヌプリに登った。僅か1ヶ月前シーズン最後のスキーを楽しんだ雪の斜面は随分と小さな雪渓となり登山道脇には華麗な高山植物の花が咲き、季節の移り変わりの速さを実感しました。
P1040866.jpg P1040875.jpg
    誰もいない山頂          地塘がチット・・

峠の駐車場には車が10台以上で、竹の子取りの車が多いが何人かはチセに登っていると思いこみ、登りながら誰も降りてこないので不思議だと思っているうちに頂上を踏んだが、頂上にも人っ子一人もおらず、それどころか下に降りるまで、ついに登山者と全く会わず!
P1040865_20120626233053.jpg P1040877.jpg
 一ヶ月前に滑った大斜面    重なり合う、アンヌ&羊蹄山

駐車場に降り立つ手前で、ザックに一杯竹の子を背負っているオバちゃんに話を聞いたところ、2日連続で当別から竹の子取りに来たのだとか。
刺激され古い雨具を身に付け、竹やぶに突入、久しぶりの感触だ。10年前はとり放題だったが、セミプロに荒され放題だが、集中して目を凝らすと、何年か前まで夢中だった頃の感覚がチョッと戻り・・・見っけ!荒されている割にはマアマアの収穫でした。竹の子取りはコイツは飽きない。
P1040883.jpg
     美味そう!
スポンサーサイト
2012.06.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/152-c2803439
まとめ