3日(日曜)快晴。久々のおじさん’S 4人で小樽・赤岩へ。昨秋以来、in-doorも登っていなかったので、赤岩に向かう道中、何となく落ち着かない感じでハンドルを握っていた。

山岳会の新人研修もソロソロ落ち着き、皆沢に向かうのではと思っていたが、赤岩峠の駐車場は林道まで車が溢れ返ってビックリだったが、何とか駐車する。車も一杯だったが顔見知りも一杯で、久しぶりに楽しく挨拶できた。

シングルロープを2本持って東に向かう。トリコニー、4テラ、東のチムニーとどこも人で溢れ返り登るところがな~い!N田氏も今シーズン初岩だったので、無難に行こうとテーブルリッジに向かう。
P1040823.jpg P1040826.jpg P1040825.jpg
    テーブルリッジ            祝津               不動岩稜
                 (いずれもテーブルの頭より見下ろす)


テーブルリッジの取り付き点になにやら見覚えのヘルメット!Oh~、J子氏ではないか・・パートナーはズッシー、N野氏のフリー仲間のFさん、初リードのFさんをセコンドで確保するJ子氏としばし旧交を深める。
N野しとN田氏が組み、私はズッシー氏と組むみ、前のパーティーを追う形で登る。1Pの垂壁は正面に着くとロープは左斜めにテラスに直接伸びていた。ホールドが見つからず、チョッと時間がかかる。落ちるとかなり振られ、テラスしたの壁に激突しそうで、チョッとイヤだった。
P1040827.jpg P1040828.jpg 
 N田氏とリードするN野氏     ザイルを組んだズッシー
          (テーブルリッジの取り付きにて)


先行するN野、N田組が、2P目をツルベで行ったので、我々も前を追うように2Pをツルベで行く。2P終了からからみる3P目のリッジは細くて高度感が出てナカナカだ。前のパーテーを追うようにズッシー氏が再び3P目を再びリード、何回もリードしているルートなのに、2箇所垂直クラックが登りずらくて、首をかしげながら越え、頂上テーブルに上がる最後のホールドに飛びついてテーブルの頭によじ登り、7ヶ月ぶりのアルパインクライミングを無事終了。
P1040831.jpg P1040835.jpg
最終ピッチをリードするN野氏 同一場所を見上げる(登るはN田氏)

昼食後は、東のチムニーに戻る。訓練中のH松山岳会に割り込んで、2本登り、懸垂のカンも取り戻す。
久しぶりの生岩は、それなりに緊張した。生岩は楽しい!!

P1040838.jpg P1040836.jpg
(左)東のチムニー・ダイレクトルート(Ⅴ+)をいとも容易くリードしたN野氏 訓練中のH山岳会のため息を誘う
(右)東のチムニーから望む 4テラ(4段テラス)とトリコニー岩

スポンサーサイト
2012.06.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/150-0db6e32a
まとめ