7月4日(金)久しぶりに休暇が取れたので、赤岩のファイアマンと奥チムニーで遊んできました。
メンバーは金曜にもかかわらず、休暇のチョンボ氏に合わせてズッシーさん、N野さんのいつものメンバー。
チョンボ氏は アクシデントから2ヶ月ぶりの復活でした。

出掛け、N野さんとチョンボ氏自宅周辺は結構な雨とか、すったもんだしながら全員8時前には赤岩峠に集合、車は一台も無し。
“寒いね!、岩も濡れていそうだし~、 どこにするぅ?”何となく のり の悪い会話。
フェースの方が乾きが早い っと、とりあえずファイアマンにそれから44でも西奥でもいいし、久しぶりの奥チムニーも面白いかもと、ぬかるんだ路をファイアマンへ。


【ファイアマン】
予想に反して岩は乾いており,ホッとしてみんなのテンションが少し上がる。
早速トップロープをセット。小さな壁に4人は多いので、以前より気になっていた ファイアマンの終了点の、さらに右上方にチェーンの終了点が見えるので、チョンボ氏と登る事にする。ルート名は不明(誰か教えて・・・火の見櫓かも知れません?!)
早速8.5mmロープをダブル使用のアルパインスタイルで挑戦。プロテクションは上までありそう。
P1000109.jpg  P1000110.jpg   
終了点のチョンボ氏   ファイアマンのズッシーさん
(Wロープが美しくない)


チョンボ氏落石に注意しながらリード、状況分らず取り付きはドロ壁部分も使って登る。上半分は面白そうで一歩一歩確実に終了点へ。
セコンドで続く。ファイアマン終了点の右側上部からジェイドルをまたいで、頭を抑えられながらトラバースするところが体を空間に投げ出すようでチョッと面白く、見た目よりは若干歯ごたえがあった。

頭は居心地の良いテラスでチェーンの立派な終了点とさらにもう一つ、がっちりした終了点が設置されており立派なルートであることが改めて証明された。テラスからは当然ながら景色がよく、身を乗り出すとファイアマンを真上から見下ろすことも出来る。
P1000117.jpg P1000113.jpg
  真上から          かすむ44

懸垂で降りて交代。チョンボ氏ファイアマンに挑戦も途中でテンション。後はルートの様子見のため「ロープで引き上げろ」と言う。初見ルートでお腹が一杯の様子。
隣では“新ルート開拓”に刺激された(?)N野さんが、正面のハングしたルートに挑戦。下部もドロ壁使わずにレイバックを入れながら見事クリア、このルートがすっきりのノーマルルート!!ズlツシーさんもクリア。
P1000128.jpg P1000135.jpg P1000136.jpg P1000137.jpg
 この直後テンション             N野氏正面から           ズッシーさんも続く 

私はファイアマンにトライ。先日は立てなかったスタンスにきちっ乗る事が出来、きつめのシューズの効果を改めて認識もっ、その上のホールドは指先かかるだけで、次のスタンスに移れず、テンション。残りはロープに引き上げられ終了点まで。
このルートはしばらく歯が立たちそうも無い。



【奥チムニー】
昼食後奥チムニーに移動。
チョンボ氏、ズッシーさんとともに、見よう見真似、試行錯誤で始めたクライミングだったが、初めて3人で登ったのが奥チムニーのチムニールートでこのときはチョンボ氏がリード、心配そうにビレーした事が懐かしい。

まずN野さんが奥フェースルート(Ⅴ、6m)にトップロープをかける。
ここはホールド、スタンスは細かいが斜度がなく下から見ると簡単そうだが、見た目よりは難しい。
ただ小さい壁で、高度感のプレッシャーがなく、遊ぶには丁度良い。左寄りの方が易しいが、さすがはN野氏で右寄りにルートを取り慎重にクリア。

続いてズッシーさん、チョンボ氏は正面やや左よりから二人とも慎重に、丁寧に。もちろん二人ともノーテンだったが、ホールド、スタンスを確かめながらのクライミングに“そんなに難しかったかな?”と言う感じ、もちろん2年前は私はテンションかかったけれど。
最後に私も慎重にスタンスを拾いながら登る、詰まっても慌てず丁寧に丁寧に!ポイントの水平のリスを超えたが最後の一手が結構難しく、詰めでバランス崩しかけたが何とかクリア!2年前よりは進歩していた。
P1000140.jpg
  奥フェースルート

ズッシーさんとN野さんのフリー志向組は左フェースルート(Ⅴ+)に挑戦。私はアルパインをやりたかったので、易しくてもいいから上に行こうとチョンボさん(リード)を誘ってクラックルート(Ⅲ+)を登る。斜度がなく簡単だが、要所要所でバランスを考え、意識して丁寧に登る。3級でも初めてのルートは楽しい!

懸垂で降りて、左フェースルートに挑戦。フリーはいつも「ドーせ登れない」と思って取り付き、テンションに 抵抗感がなくその事が、上手くならない理由のひとつだが、なぜか今日はチョッと本気モード。苦手の被りも何とかクリアできそうだったが、乗り越えたところでホールド見つからずに、テンション。それでもその上は易しくなった事もあって、珍しく最後まで投げずに 何とか終了点へ。
P1000145.jpg  P1000147.jpg  P1000146.jpg  

P1000158.jpg  P1000159.jpg  P1000163.jpg

奥チムニーは結構面白いかも・・・。今度は左フェースの右にも挑戦してみたい。







スポンサーサイト
2009.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/15-deca0b30
まとめ