11日(日)午前中、例によって“ちょっとだけ”しかも“楽チン”な山スキーがいいなぁと思った時にうってつけな山=藻岩山・・に登って来ました。いつもよりは早い時間だったはずだが南斜面の駐車場に着くと、ビックリするほどの混み具合、どうやら大会が行われるようだ。流石に3月、板を担いで登るレストハウスへの階段からは雪は溶けて消えていました。
P1040603.jpg P1040605.jpg P1040606.jpg 

ピステで綺麗に均された南斜面の雪面は、シールに馴染んでとても登りやすく、斜度のきつくなる上部でもキックターン不要、下手のP~の私にも、楽に直登が出来ました。
観光道路の隅っこを遠慮深げに登っていくと、うさぎ平のリフト降り場から先の林道は、除雪車のキャタビラのあとがそのまま凍ってがたがた!時折樹林越しに景色を楽しみながら1時間と20分位はかかっていたか・・・??山頂の改装なった展望レストラン前に到着。人気が余り感じられすにおかしいと思ったら、モノレール、レストランのオープンは11時のようで、思い思いのルートから登ってきた登山者が7~8名位いるだけで、スキーは一組だけデポされていた。
P1040609.jpg P1040612.jpg P1040613.jpg

帰りのためにシールを外して板をデポ、北面に回り込むと、JRタワーを中心にした札幌の街が眼下に広がる。まだ雪に埋もれた白い街だ。ここからの眺めは何度みても見飽きない。ふと足元を見ると斜面からは潅木が切り払われ、距離は短いが 滑り降りてみたくなる非常に魅力的な斜面になっていた。案の定その魅力的な急斜面にはシュプールが一本綺麗についていた。きっと上手な人が周りをチョッと意識して得意げに滑ったのだろうなぁ・・・上手そうなシュプールだった。

菓子パンを1ッコかじって早速下ることに、キャタビラのがたがた氷を暴走しないようにセーブしながら下るとアット言う間にゲレンデ到着。そこからは整備された斜面をいつものように登りの何倍もの速さで滑り降りて駐車到着。

気分もす~っきり!家に帰ってシャワーを浴びたら、“3丁目の夕日”で初CGでも見に行くかぁ・・・!

スポンサーサイト
2012.03.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/141-a3579fb7
まとめ