8,9日HYMLの白銀荘オフミ(off line meeting)に参加。8日快晴の前十勝、9日は三段山の二段目上までと絶好の深雪を堪能してきました。スキーに温泉&宴会、さらには車の往復の時間も含めて充実の時間を過ごしました。兎に角楽しい2日間でした。  
P1040507.jpg 20120108_40.jpg P1040514.jpg 
      前十勝山頂       冷えた体に絶品ラーメン        タンネの森      詳細は後日
                                    【写真提供 marikkaさん iwaさん konさん】
 【8日 初日】
朝2時半起きで上富良野に向かう。どんどん気温が下がって高速道路の表示は-20度、1000mを越える白銀荘はどれ程寒いのか・・・。予定より早く8時半前には白銀荘につく。前泊組みの一部と合流、カバワラ尾根経由で前十勝に向かう。
P1080386_20120115073517.jpg P1040494.jpg
  出発!期待&不安?      顔をのぞかせる十勝岳  

快晴、ほとんど無風さすがに気温は低いが絶好のコンディション。雪に埋もれたタンネの森をぬけ一本休憩、服装を整え富良野川を立派に発達したスノーブリッジで越えてカバワラ尾根に取り付くと陽が射し太陽光線の柔らかな温かみを感じて気持ちが和む。周りは全員歩きも、滑りも経験者ぞろいで、正直のところプレッシャーを感じるが限界まで頑張るよりも、出来るだけ粘れるように、マイペースをつらぬかせて貰うと開き直り、歩きに集中する。
オーバー手袋をしていても指先が冷たい。時計を見る気も写真を取る余裕も無くただただ登りに集中するが、高度が上るにしたがって開けていく景色、左手に旭岳、右手には富良野岳、振り返れば雪に埋もれた富良野の盆地。
どの顔も素晴らしい景色に感動の表情だ。
先行する仲間の3人が山頂直下に見える。だんだんと斜度がきつくなり、ストック頼りの登りになり腕がキツイ。
P1040499.jpg P1040503.jpg P1040500.jpg
        旭岳              富良野岳              前十勝山頂     

8合目位か、ここで折り返そうというiwaリーダの声に正直ホッとする。KT子姐さん、marikka師匠は山頂に向かうという(ヒェー!!!)。iwaリーダーがマサさんに山頂まで同行するよう言って3人はスキーをデポ、ツボ足で山頂に向かう。下手P-の私と「おとーちゃん」に合わせてくれた(?)残りのメンバーはシールを外していよいよ雪の斜面に。奇声を発しながらパウダーを巻き上げ次々にフワフワ雪に飛び込んで行く。何とか開き直って深雪に飛び込みたいが、腰が引け気味。転びたくないという意識が邪魔をする。それでも何とか転ばず最後尾をくっ付いていく。
浅い沢筋から広い尾根筋に上ってラーメンタイムに。雪面を均してコンロを設置低温に苦労しながら暖かいラーメン作りに期待の声が飛び交い楽しい雰囲気の絶頂。相変わらずの快晴で抜群の景色が眼下に広がる。
待ちに待ったラーメンは豪華にチャーシューたっぷり!これぞ至福の二文字がぴったりだ。
P1040505.jpg P1040509.jpg
  豪華ラーメンに満足      滑るのは、こんな斜面です

苦労して登った斜面を、満足げに雪煙巻き上げかっ飛ばす仲間を横目に太腿がきつくなって腰が引けますます腿がきつくなる。チョッと滑っては止まり、又滑るの繰り返し。気が付けば最後尾の、konさんがぴったり付いてくれる。思う存分滑りたいはずなのに、申し訳ないと思いつつも、足が思うように動かない。
ほとんど踏ん張りの利かなくなった太腿をのろいつつも、快晴の前十勝を堪能できよかったが、つ深雪が上手くなりたいとつくづく思えた一日でした。


【9日 二日目】
温泉&宴会 夜も楽しかった。又何人かの人と知り合うことが出来た。趣味で繋がった人間関係のナント楽しいことよ!

前日に比べ天気は良くない、この時期は当たり前の天気だが。上は風も強そうなので、適当なところで引き返そうと三段山に向かう。良いペースで進んで、一段目上の樹林帯に入ってい一本休憩を取る。前夜の雪か針葉樹に積もった雪が実に綺麗で毎回ながら北欧(言ったことは無いが)を想像させる場所だ。
P1040515.jpg P1080418_20120124010702.jpg
              静 寂 の 森   

2段目の登りから徐々に風邪が強くなる。2段目の上まで頑張ることにして、キックターンを繰り返す。2段目上で選考の仲間が下りの準備をしていたので、ここでシールを外す。
短いが下り始めが急な2段目の壁に果敢とは程遠い腰の引けた姿勢で滑り出す。下りきる寸前で予想通りの大転倒。手そひっぱて貰って何とか起き上がる。
すぐに一段目の壁に、皆下りきって上を見上げている。今日もkonさんがサポートしてくれている。
小回りを意識せず、思い切って大回りで降りる。シュプールで荒れた斜面が一見滑りにくそうだが、何とか転ばず下に降りる。後はジェットコースターでアット言うまに白銀荘に到着。

深雪が上手く滑れたら楽しいだろうなぁ!とつくづく思えた2日間でした。

スポンサーサイト
2012.01.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mtyyy.blog34.fc2.com/tb.php/130-00d238bb
まとめ