【四季の森・18日】
IMG_5674.jpg
薄っすら残っていた自分のトレース

久しぶりに板を担いで四季の森へ、雪解けが進んでいたため、自分のトレースも消えかかっていた。途中で気付いたのだが、自分のトレース以外にスキーのトレースを発見、同じようにトレーニングを兼ねて(?)散策人がいるのには驚いた。ひょっとして近所に住んでいるという噂のTさんかなぁ?!

【滝野 歩くスキー6kmコース・19日】
IMG_5677.jpg IMG_5678.jpg IMG_5675.jpg
  南斜面に回り込むと風がやみ、春の日差しがやわらかい「のうさぎ・6kmコース」

浅里峠から朝里岳に行く予定だったが、相棒が風邪を引いたので予定変更、歩くスキーを車に積んで滝野すずらん公園に行く。シーズンもいよいよ終盤、コース上の人影もめっきりと減っていた。
風があり気温の割に体感は寒く、しかも前回10kmコースに行ったので、今回は6kmコースを選択、実は10kmの下り坂が嫌で・・・まだ転倒強打の腰の軽い違和感が抜けきっていないし、歩くスキーでの転倒が怖いのだ(汗)。
歩き出すとほとんど風の影響はなく、春の日差しを存分に浴びて顔も自然とほころび、気持ちの良い汗をかくことができました。

【藻岩山旭山公園コース・20日】
前日に引き続きこの日も晴天、いつものペースで旭山公園に向かう。車には10本アイゼンと4本爪の簡易アイゼンを積んでいったが、前回10本アイゼンで団子になって歩きづらかったし、もう4本爪アイゼンで十分対応できるとふんで、4本爪を選んだのだが、10本爪を選ぶべきだった。湿った雪が踏み固められた斜面は土踏まずだけの4本ではアイゼンが効きにくく、必要以上にフラットに置くために足を踏ん張り結構疲れた。
IMG_5682.jpg IMG_5684.jpg IMG_5685.jpg
木が生えていなければ・・・  アカゲラが・・・春ですね    慈恵会分岐から山頂

空気が澄んでいたのか山頂からの眺めは抜群、遠く大雪、日高に石狩湾を挟んで増毛山塊の山並みはマダマダ真っ白だった。
IMG_5687.jpg IMG_5690.jpg IMG_5691.jpg
 石狩湾から増毛の山々        恵庭岳          夕張岳・芦別岳

山頂の休憩室は同年代と思しき中高年のおじさんアバさんで混み合っていたが、中に入っても椅子に置いたザックをどかそうともせずに詰めたり譲るという気配なし「すみません!」とちょっと声を強めて奥に座る。特に3人組のおばさんの態度が悪く仲間の欠席裁判で盛り上げっていた。まぁ他人の悪口ほど楽しいことは無いって誰かが言っていたが、笑って聞き流すことのできない自分がちっぽけのような、所詮は同レベルなのだろうか?!反省しながら登り以上に足を踏ん張りながら旭山公園まで降りてきました。

後日、冬眠から覚めたヒグマの目撃情報がこの日に、旭山公園付近であったとか・・・ネットで調べたら確認できました。
スポンサーサイト
2017.03.24 / Top↑
まとめ