28日、仲間は音江山へ、天気はいいし雪が降ったのでコンディションは抜群だろ?!行きたかったなぁ~。

午後時間が出来たので、先日のニセコ・モイワの腰ドン引けの悲惨な滑りを反省、久々のFu‘sスキー場へコソ練に出向く。誰もが認める急斜面でしっかり板に乗り込む練習をしようと気合を入れる。ところがナァナントそこにはとっくの昔に消えて無くなった光景が展開・・・、駐車場が満車でスキー場に入りきれない車の渋滞を係員がさばいているではないかっ、ビックリと同時に渋滞に出鼻を完全にくじかれる。かなりの時間待たされヤットのことで駐車場に入る、時計は1時半を回っていた。
チケット売り場に直行・・・2時間のシニアリフト券が金1000円なり、安っ!時間的にもちょうどいいし、これで一気にご機嫌回復(笑)、見上げる急斜面で16時までびっしり乗りこめば十分 と俄然やる気に。
P1060132.jpg
 駐車場から八剣山(この日はこの写真1枚だけ)

リフトを2本乗り継いで山頂に立つ、久しぶりの山頂だがここの景色ってこんなに良かったんだ?!定天に始まって余市岳、無意根、札幌岳から空沼岳とぐるり半周は郊外の山が全部(?)見える、反対側には札幌の街が広々と広がっている、うっすらと霞の彼方には増毛の山も、えっ?!石狩湾・・・?石狩湾まで見えるとはこれは大発見でした。

足慣らしに一本滑り続いて正面の急斜面に行く。上1/3はコブ斜面でこれは手に負えず滑るというよりは降りるといった感じ。2/3はしっかりと圧雪されているが積もった雪はみな掻き下ろされて硬く締まってアイスバーンに近くエッジを滑らせるとがりがり音がする。ターンの後半でどうしても体が遅れて板だけが先に走ってしまう悪い癖を意識してターンの度に 乗り込め、乗り込めと言い聞かせて滑ったが、ここのバーンは実に良い練習になりました。深雪の急斜面でもこのすべりが出来ればいいんだが・・・!
短い時間だったが充実のFu'sスキー場の午後でした。
スポンサーサイト
2016.02.28 / Top↑
まとめ