蒸気船で着いた旧都ルツェルンは、美しい湖の向こうにアルプスの山々を控え、フィアバルトシュテッテ湖から流れ出るロイス川を渡ると旧市街に入る。旧市街は迷路のように入り組んだ石畳の路地が中世を忍ばせる。
ちょっと無理をして実現させたスイス旅行、25日、26日の最後の2泊をルチェルンの旧市街、ロイス川のほとりに建つ三ツ星ホテル デ・アルプス(DES ALPES)で過ごした。帰国前日の26日(土曜)は まるまる一日時間があったが天気も思わしくなく、さすがに疲れていたこともあり リギ鉄道でのリギ山はあきらめ、ノンビリと市内観光にあてた。ヨーロッパの古都の雰囲気を味わい、チーズフォンデューを味わい、土産の買い物を楽しむこともできた。
IMG_2083.jpg IMG_2120.jpg IMG_2147.jpg 
カペル橋とホテル   ムーゼック城壁から街を見下ろす  ルツェルン駅から空港へ向かう

27日i-padで列車の時刻を調べ、一時間列車に揺られてわずか10日前にキョロキョロしていたチュウリッヒ空港に無事戻ってきた。30分遅れで飛び立った満席の成田直行便スイスエアーのシートに座り、小さな窓から目を凝らすと眼下に街が見える。必ず も一度スイスに帰って来よう、そんなことを話しながら座席シートを少しだけ倒して長い帰路に備えた。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.07.30 / Top↑
まとめ