28日、先シーズンから始めた山スキーを愛車に積んで、学生時代の後輩で登山ガイドのN澤君が来道、ニセコのコテージにステーィして粉雪にまみれると言うので、さっそく仕事が終了後速攻ネクタイ結んだまま吹雪の中山峠を越えて、コテージに向かう。N澤プロは、昨年6月に剣岳八峰のクライミングの前哨戦にと、赤岩に来て以来約半年ぶりの来道、夏に冬に実に熱心だ。
翌日に備えて軽くビールを飲んでまじめに寝る。
IMG_1052.jpg IMG_1053.jpg
 二人用・寝床は屋根裏    二人用で自炊道具は完備

翌29日、さっそくニセコモイワに向うも、強風のため山頂までのクワッドは動かず、仕方ないので中段までのリフトを使ってピステの入っていない、ゲレンデで深雪の練習。雪は重たく、荒れていて滑りにくいが、深雪に縁遠い本州と比べると、これでも十分満足だとN澤プロ。
IMG_1056.jpg IMG_1057.jpg
沢に入ると風も届かず    この先行くと斜度が増し・・・ダイブ

午前中はついにクワッド動かず、仕方ないので荒れている深雪ゲレンデで、練習を続けたが、さすがに足に来て昼食タイム。食べ終わるといいタイミングでクワッドが動き出したので、さっそく山頂へ。
残念ながらG6はクロズだったので、深雪ねらいでリフト沿いの沢に入る。沢の雪質はゲレン度とは違って、軽く、思ったよりも荒れていなかった、それに斜度だって結構ある。大満足で、イイねイイねの連発、N澤プロも満足げだ。

IMG_1064.jpg IMG_1068.jpg IMG_1070.jpg
  なかなか面白い斜面     たまにはこんな恰好にも  なかなかスピード出ています  

一本滑るごとに斜面は荒れてきて滑りにくくなっていく、午前中滑り込んだ影響もあり、午後からの沢筋深雪でヘロヘロに、結局4本滑って上がる。荒れた深雪は随分と勉強になった。二人とも満足の一日でした。



スポンサーサイト
2014.01.29 / Top↑
まとめ