トリコニー岩から馬の背リッジ、ピナクルリッジ、&東大壁を望む
          コピー ~ P1010195
           小樽・赤岩(東赤岩)

一つの壁に見えるが、手前から 馬の背リッジ(2ピッチ)、ピナクルリッジ(3ピッチ)、東大壁(3ピッチ)と3つの壁が重なっている。基礎訓練でよく使われる 東のチムニー岩 も右上に見える。

東大壁は赤岩を代表する岩で、幾つもの中級~上級ルートがある。
取り付きには大壁の頭より懸垂下降で降りる。確かな懸垂下降の技術が必要だ。

海から吹き上げる風にパーティ間のコールがかき消され、意志伝達方法の工夫が必要。
仲間は携帯電話を使用したこともある。

中間テラスで下を見下ろすとはるか足元の海には観光船が行きかい、時折上昇気流に乗って観光案内のアナウンスも聞こえる。眼下の海は、海底の海藻が見えるのではと思わせるほど澄んでいる。
目を上げると石狩湾を挟んで正面には、はるか暑寒の山並みが見える。


『天と地の間に』・・・至福のとき  



スポンサーサイト
2009.04.28 / Top↑
まとめ