何年振りだろうか、積雪期2度目の漁岳に、konちゃん、marikkaさん、シゲさんと行ってきました。
皆そろいもそろって強すぎ、しかも“プロ”のkonちゃんは当たり前としても、marikkaさんもシゲさんもスキー上手すぎで、同行したのが憚られるほどにすっかり迷惑をかけてしまいましたが、毎年一度は登りたいと思いたくなるほど素晴らしい山でした。
天気が良かったせいもあり多くの入山者の数で、大半はスノーシューで登っていました。スキーヤーの少なさが意外でした。

林道歩きから稜線への急登の末、コルに上がると視界が一挙に開けてまさに絶景、氷に覆われた真っ白なオコタンぺ湖とその何倍もある大きな支笏湖が薄水色に輝き眼下に重なる。コルからは、小さなピークをいくつか超えながら稜線沿いに高度を上げていくと正面左手には小漁岳への稜線が雪をべったりとつけ、1000mをわずかに超しただけの標高にもかかわらずアルパイン的なたたずまいは緊張感が漂い、高山的な感動の絶景が広がっていました。
最後のピークを左からまくと広々とした最終コルに出て、そこから山頂までの30分の急登はkonちゃんの指示通にクトーを着装、小まめにジグを切ってもらい最後は右肩に出て、marikkaさん、シゲさんの待つ頂上を踏むことができました。頂上の裏側にはニセコ方面の雄大な絶景が広がっていました。
下りは完全に足にきて転倒を繰り返す情けない滑りでしたが、苦行に耐えても又来たくなる程のとにかく景色抜群のいい山でした。少しはトレーニングしていたつもりだったけれど、3人が強すぎてハイペース(?)にすっかり調子がくるって・・・それにしても鍛え方足りなかったと大反省の漁岳でした。


(カメラ忘れて、konちゃんと、marikkaさんがイイ写真を一杯撮ってくれて、送ってくれたんだけど、取り込み方が解らない・・・で添付ができな~い!)
スポンサーサイト
2017.04.03 / Top↑
12日,今日も天気がイイ、昨日の続きで“朝里岳”が一瞬よぎったが、時間も半端なので滝野の10Kmコースを歩いてみることにしよう。普段と同じペースで朝食を取り食器を洗い、そろそろ出かけるかぁ~。ところでこの時期の歩くスキーの服装は?どの程度の寒さ(暑さ?)なのか・・・何を着たらよかったっけ?街歩き用のデーバックに水を入れネックウオマーと薄手のフリースを突っ込んで出発。
滝野すずらん公園の東口駐車場に着くと、広場にはテントが張られていてどうやらクロカンの大会のようだ。係の人に一般客も普通にコースを利用していいのか確認すると、どうぞどうぞとの返事。ならば久しぶりに「キタキツネ10km上級コース]にチャレンジしてみよう。
IMG_5659.jpg
綺麗にレールが切られています・快適

スタートして500m地点の分岐にレースの係員がいたので尋ねると丁度16Km組がスタートしたとのこと、邪魔にならないように端を歩けばいいとのことだったが、そりゲレンデ横の長い下り坂の滑りが不安だったので、選手をやり過ごしてからノンビリ滑ろうと分岐で選手の通過を待つことに、すると早くも先頭の選手がやってきた。さすがに早い、縦列になり次から次へと通過していく。続いてゼッケンの色が変わって10km組の選手がきた、16km組に比べると技量は若干落ちるか?特に最後尾の選手は先頭とはかなり離れていて、しかもスケーテイングではなくて歩くスキーだぁ(これだったらオイラだって出らるのかも?!)。
IMG_5660.jpg IMG_5661.jpg
     先頭は早い!       10Km組もきました

ほとんどの選手が通過したので、コースに戻って端っこをエッチラオッチラ、もちろんスケーテイングなどできるわけもなく(たぶん板も違う)まさに歩くスキーだ。すぐの展望台から鬼門の長い下り坂になる(ここが怖いのだ!)。厳冬に比べて気温の上昇したコースの雪は固くておまけによく滑る。“ハ”の字に開いた細い板のエッジがほとんど効かない、膝を目いっぱい内側に絞り、太ももに目いっぱい力を入れて、暴走寸前で何とかこらえるも効き足の右の絞りが強すぎるのか左が弱いのか、左の板がぶるぶる震えだす、左右均等に力を入れなければとわかっていても・・・、ついに左が負けて雪山に乗り上げかけて、敢え無くお尻から崩れ落ちて大転倒、横向きに寝そべる。レースの係員が滑ってきて「大丈夫ですか?」と心配そうに顔を覗き込む。「大丈夫で~す!」と平気を装い、自分の板で踏みつけている毛糸の帽子を拾い上げる。歩くスキーの転倒はドッスン~ ときてダメージが大きく、実のとこと“怖い”のだ。
IMG_5663.jpg IMG_5664.jpg
 山がきれいだ・空沼方面  そりゲレンデ・藻岩が見える

誰もいなくなった林の中をトボトボと進む、緩い下り坂でもなんか嫌だ。日当りのイイ雪がちょっと腐りかけている、雪の照り返しもあるのか暑い。それでも誰もいない林の中をマイペースで歩くのは気持ちも晴れ晴れ、最大の難所は過ぎたし・・・この10kmコースはかなり長いし、ゆっくり楽しもう。日向に出たり日陰に入ったり、ハの字で登ったと思うとS字の下りで緊張したり、春の日の歩くスキーもなかなかイイものだ。
IMG_5665.jpg 
3Km標識・軽いアップダウンが続く

前半のアップダウンを終えるとコースには再びレール(?)が切られていて、滑りやすくなり結構なスピード感だ。途中なんでもないところでよそ見をしながら滑っていたら尻餅転倒、とにかく歩くスキーの転倒はダメージが大きい。やがて森の情報館前を通過、このあたりが中間点か。ワニ口トンネルを抜けると中級コースとの合流点で残りは3km、さすがに疲れてきた。そういえば確か急な下り坂があと二つ三つあったよなぁ・・・。
IMG_5667.jpg IMG_5668.jpg IMG_5669.jpg

ゆるいアップダウンとS字を繰り返し2つの急坂もへっぴり腰で何とかクリア、とにかくバーンが固くてスピードコントロールが難しい!そうこうするなんとかやっとゴール手前に・・・レース用に作られた立派なゴールだ!最後の鬼門の急坂に差し掛かると中年夫婦の奥さんの方が板を両手にもって小走りに降りていく。そーよ!歩くスキーは見た目より難しいのだぁ!奥さんが姿を消したことを確認、次に後ろからも誰も来ていないことを確認、転んだところを後続者にひかれたくはない!でっ最後にもう一度集中力を高めてイザ、スキーをハの字に開いて滑走開始、どんどん加速していく、中間過ぎて、左右の膝のバランスが崩れるっ!・・・一気に左に回転、思いっきり腰から落ちる・・かろうじて頭は打たずに済んだが、腰が・・・立ち上がって腰を回す、ちょっと痛いが、決定的ではなさそうだ。ただ・・・転ぶ寸前に歯を食いしばっているので、明日の朝目覚めたら、間違いなく首筋がいたいはずだ?!・・・最後までお粗末でした。       
お終い
2017.03.14 / Top↑
早い早いもう3月デス、今月の下旬には根雪も無くなるんですね・・・。
早春(?)の3日シャクナゲ岳,4日ニセコアンヌプリ北斜面の予定で大魔神山荘泊のHYML off-line-meetingに参加しました。
チセヌプリ駐車場8時集合、集まったのは8名で天気予報は西高東低の西風と、ニセコの山々には厳しい条件で、この分では昼前には何も見えなくなることが予想された。はてさてどこまで行かれるか?!風のために体感は気温以上に寒く感じて一枚多く着込む。
IMG_5632.jpg
天気の回復望めないが・・・出発

経営母体が変わったチセヌプリはキャットでの深雪スキー場に様変わり、登山者はコース外の指定されたルートをテープに導かれて進む。チセヌプリに向かうのか先行パーティーのトレースを途中で左に外れ、直接シャクナゲ岳を目指したが見通しが効かず、ホワイトアウト状態の中で、大魔神リーダーから何度か進む方向の修正指示が出された。周辺地理を熟知している大魔神だったが特徴のないオープン斜面で帰りのために、時々ピンクテープを付けながら進んだ。ここではぐれたら大変なことになるなぁ~!
IMG_5634.jpg IMG_5635.jpg
   変化に乏しい景色    下りのためにピンクテープを付ける大魔神

少しづつ斜度も増し同時に風当りも強まり、やがて雪が飛ばされた斜面はクラスト気味に、それを避けて風下側に回り込もうとトラバースを試みるが、一人がプチ滑落してそこで撤退となり、風に背を向けながら凍える手でシールを外した。
ホワイトアウト状態でのクラスト斜面は斜度もそこそこで、どうしたってお尻が引けて身体は遅れ気味に、たちまちモモに負担がかかってキツイ、いつまでたっても進歩しない自分の滑り。何ターンかの後、何とかクラスト斜面を脱出してホッと一息。重めの雪は浮遊感にはほど遠かったが、仲間のシュプールと時々交錯しながら傾斜の落ちた斜面を緊張感から解放されて楽しく滑る、これがBCスキーのイイところだ。
IMG_5636.jpg IMG_5637.jpg
ここまで来ればもう迷わない 余裕でシャッターを切る今コンさん

駐車場の隣に続く湯元温泉に立ち寄る。久しぶりに訪れたニセコ湯元温泉はリニュアルされすっかりきれいになっていた。

今宵の宿大魔神山荘に落ち着いたころ、大魔神打ちたての10割そばをこだわりの特性ダレでご馳走になり一同感激。
夜は夜でコージさんのボリューム満点のチラシ押し寿司にこれまた感嘆の声!続く塩チャンコに一同酒が進んむ.。
IMG_5640.jpg IMG_5643.jpg IMG_5644.jpg
    手打ち10割そば       ジャンボチラシ押し寿司      塩チャンコ   

話題は自然と山の思い出話となり、大魔神山荘の建築・維持の情熱話にはびっくりすることばかりで時間も忘れて聞き入った。大きな額縁の絵画のような窓越しの景色、この景色のためにつぎ込んだ情熱に感動しきりの夜でした。
IMG_5639.jpg
2F大窓越に見るアンヌプリスキー場、ナイターの灯が灯った夜景が素晴らしい

4日朝、山荘の針葉樹が揺れている。この風では頂上のリフトは動きそうもないし、それに、上部はカリカリのアイスバーン間違いいなし、場所によっては滑落すると下まで落ちてしまうらしいアンヌの北斜面、未経験で楽しみだったけれど、このコンディションではとても無理だよなぁ・・・無念の言葉がinoさんの口から。ザラメの季節になったら出直すか・・・。

残念ながら朝食後に解散となる。雪の少ない羊蹄山に魅力はないし、舗装むき出しとなって走りやすい道をのんびりと札幌に向かう。何もしないで帰るのももったいないので休眠中の中山峠スキー場に寄り道をして見る。
風が冷たくて樹林帯に逃げ込み林の中を登る。雪は多いがやや重めで、ほんの少しだが最中っぽい。風の強そうな頂上を避けて左によってシールを外す。昨夜今コンさんのアドバイスを守ってしっかりと上のバックルも占める。今までは棒立ちを防ぐために上のバックルを外したままで膝を入れようとしていたのだが、その考えは間違っていたようだ。
シールを外しているといつの間にか曇ってきて、またしてもゲレンデはホワイトアウト状態に、身体が落ちるに任せてただスピードをコントロールするだけの残念な滑りだったが、バックルの効果はしっかり感じ取ることができて大収穫、今コンちゃん有難う!次の滑りが楽しみになってきました。
     お終い
2017.03.05 / Top↑
ある日の午後、穏やかな天気に誘われて、歩くスキーをもって真駒内公園に行ってみました。

IMG_5558.jpg IMG_5559.jpg IMG_5562 (1)
ボランティアの方が管理をしてくれているようで、立派な専用コースができていました。

IMG_5564.jpg IMG_5565.jpg
雪の少ないニセコよりきれいなシュプールが描ける?!藻岩山スキー場のウサギ平が見えますね。

本州の人はきっと羨ましく思うことでしょう、本当に札幌って恵まれていますね!
2017.02.24 / Top↑
2月11,12,13日、2泊3日でHYML白銀荘泊のoff line meetingに参加してきました。一年ぶりの白銀荘でしたが、深雪のメッカ“三段山”も今シーズンは雪が少なく、加えてこの数日ほとんど雪が降らなかったようで、思い切り粉雪にまみれると言う訳にはいかずちょっと残念でした。

11日、三段山・2段目上まで
札幌、上富良野間は有数の豪雪地帯、しかも年間を通して最も雪の積もる時期なのに、山間部をのぞく道路はアスファルトが出ていて楽勝で白銀荘着、食材や荷物を整理し三段山に向かう。メンバーはほとんど到着済みで皆 三段山を目指しているようで、早い人はもうそろそろ三段山の山頂に立っているのでは・・・。雪はニセコほどではないが、明らかに例年に比べて少なく、一段目は当然ながらズタズタ状態。予想通りと苦笑いしながら二段下の樹林帯を抜ける。
IMG_5567.jpg IMG_5568.jpg
   見慣れた白銀荘       一段目・雪が少ない

吹きっさらしの二段上だが、ほとんど風はなく、気温も低くは無かったが、視界が悪く凹凸が判らずほとんどホワイトアウト状態、時折降りて来る人の声が聞こえ、仲間ではと待ち構えるも姿は見えず。下を見ると視界はあるので、楽しめるうちに滑ることにしようとシールを外す。足元はところどころ露岩、ハイ松が頭を出している。注意しながら浅い沢のへりに移動、できるだけ荒されていない斜面を狙って滑る。源頭部分は幅広で斜度もきつくなく雪も覚悟していた割には悪くない、そこそこ満足できる斜面だった。
IMG_5571.jpg IMG_5569.jpg 
ホワイトアウト凹凸も解らず  少し下ると何とか下が見えた

途中から旧スキー場跡の沢に滑り込み最後は一段目の途中に出た。ここで、シゲさんにばったり、一段目を降りたところでOH~、山じいだっ!みんな白銀荘に戻るというので、一段目の登り返しはやめにして“露天風呂”めがけて一目散に下る。
IMG_5573.jpg IMG_5575.jpg
   一段目 少しでも荒れていない所と端を選んで滑る

雪の壁に囲まれた白銀荘の露天風呂やっぱりいいわっ!いつものようにゆるりゆるりと湯につかり、湯上りの後は・・・ビールの栓を抜けばもう止まらない、なし崩し的に始まった宴会は、いつものように延々とつづき、白銀荘の夜は今年も・・・長かった。
IMG_5576.jpg IMG_5580.jpg
 洋ちゃんも手伝っています  この生ガキを蒸して・・・デリシャス!!

12日、前十勝・カバワラ尾根途中まで
inoさん、Narita・Dr他計5名でカバワラ尾根経由で前十勝に向かう。天気は曇りでカバワラ尾根の上半分は雲に隠れていてこの日も山頂は無縁のように思われた。上には先行パーテーが1パーティー登っている。途中三段山を登る仲間からコールが掛かる。吹きっさらしのカバワラ尾根は、高度が上がるに従い冷たい風が右のほほを凍らせる。
足元の凹凸が見にくく先行パーテーのトレースはかすかに見分けがつく程度で、登るに従い雪面はクラスト気味となる。これ以上登ったところで・・・と思い始めたところで、この日帰ることになっているNarita・DRが引き返すというので、全員一緒に降りることにする。
IMG_5582.jpg IMG_5583.jpg IMG_5584.jpg
  山荘前からの稜線   富良野川越しのカバワラ尾根  ナマコ尾根からcallがかかる(白銀荘も見える)

固い斜面と雪の溜まった柔らかい斜面が入交、凹凸の見にくさもあって滑りにくい、一度は千春沢に入るが下り過ぎはまずいと尾根に戻る。
渡り返しのスノーブリッジも見にくく、最後にブリッジを渡ろうと、直滑降で降りたが、予想を超える斜度に板が雪面に刺さり前方に顔面からたたきつけられ、ゴーグルはハズレ メガネのクリングスが曲るほどの衝撃だった、が幸い怪我はなく、何とかブリッジから脱出する、もう少し左にずれたら沢にダイブするところだったが事なきを得る。
この日の泊りはツボさんが新たに加わったがそれでも7名だけで 前夜に比べる ちょっぴり寂しい宴会でした。

13日、タケノコ山
最終13日はタケノコ山に。BCだけでも年間4回は白銀荘に通うinoさんだがタケノコはいまだ未登頂で今回こそはと急斜面の滑りを楽しみにしていたが膝の痛みで断念・残念!一方坪さんは、やはりタケノコ山は未登頂のため、わざわざ一日遅れで駆けつけたのだが、inoさんが不参加で、私の経験だけではと、ちょっぴり心配そうに(たぶん)、GPSを入念に確認していらっしゃいましたっ(笑)。
天気は薄曇りで視界もまずまず。何よりもラッキーだったのは、(例年より)ずっと奥まで除雪されていて(伐採作業のお陰?)車が入ったので林道を歩く必要がなく、いきなり尾根に取り付くことができました。
IMG_5586.jpg 
 林道歩かず出発はラッキー

樹林の中には何本もの下りシュプールが登りのトレースをつぶしていた。そのシュプールもいつの間にか消え、だんだんと斜面も急になりだした頃気付いたら、左の木々の間越しすぐのところに沢が見えるではないか、目を凝らすとシュプールまで確認ができた。今まではなんとなく仲間に引きずられて登っていたので気付かなかったが、この日は、いつもより真面目に周囲の状況を確認しながら登っていたための発見で、これほど接近していたとは・・・沢から左手に入りさえすれば迷いようもないことを改めて確認できました。
IMG_5588.jpg IMG_5589.jpg
   右沢が見えます      いつの間にか尾根上に 

やがて斜面はマスマス斜度を増し、ジグを何回も何回も繰り返す。途中でショートカット狙いやスノーシューのトレースが枝分かれしていたが、地形に詳しそうな(人の)トレースを忠実に追う。振り返ると幾寅の街並みが見え、いつの間にか稜線上にあがっていたが、ここからの山頂が意外と遠い。もうひと踏ん張りと言い聞かせながら焦らずゆっくり歩を進める。山頂に間違いやすい手前のピークを越えると次のピークがのっぺりと丸い緊張感のない山頂だった。1時間50分でタケノコ山山頂到着。少しだけ南に下がると嘘のように風は無くなる。空を見上げるといつの間にか青空が広がり下りが楽しめそう・・・そうこなくっちゃ!
IMG_5591.jpg IMG_5593.jpg IMG_5594.jpg
これが緊張感のない山頂   沢へのアプローチ尾根(ここはまだまだノンビリ滑れます)

手前ピークまで稜線沿いに緩やかに樹林帯を滑る、雪は気持ち重めだが荒れていないところを選んで・・・いい感じ!手前ピーク下から右に折れ、沢への降口に・・・覗き込むと・・・えっ?こんなに急だったっけっ?確か標高差が400mだったか.500mだったか・・・? 下まで丸見えの一枚バーンなので余計に高度感を感じるのは確かだが。雪は間違いなく少なく、斜面はズタズタだが、よさげな斜面を見つけて滑走開始。雪質は重めだが、斜度がキツイのでどんどん落ちて行く。おいらの技量ではこまめに止まるしかない、それに・・・できるだけターンの回数も減らしたい・・・それには斜滑降を長く取りできるだけ降りるしかな~い、転びたくないし、背に腹変えられな~い(笑)。ここは本当はリスク軽減のために、できるだけ端っこを滑らなければいけないのは承知だが・・・雪崩る程の積雪ナシッ!最後はかなり足腰にきたが何とか無事に沢を下り切る。沢からの出口は記憶通りで、簡単に登りトレースに戻ることができた。あとは苦手のジャットコースターで降りるだけ。
タケノコ山は白銀荘の最終日の定番にしてもいいかも・・・それはそうと、これしきの斜面は滑りを楽しめるようにソロソロなりたいモノだが!
       お終い
2017.02.17 / Top↑
まとめ